「いい出会いがほしい!」と思っていても、日常生活を送っているだけではなかなか素敵な機会に恵まれないかもしれません。

とはいえ合コンやパーティに参加したのに、いい男性との出会いがなかったとがっかりする人もいるでしょう。

そんなことがつづくようなら、いったん自分自身の態度や行動を見直してみて。改善するべきことが、なにかしら見つかるかもしれませんよ。

今回は「知らないうちに出会いを遠ざけている女性の特徴」を紹介します。

あなたは大丈夫?知らないうちに出会いを遠ざけている女性の特徴

「女」を忘れている

いい出会いがない!といっている人に限って、仕事に熱心であったり情熱的だったりする人は多いのかもしれません。

仕事に優秀な人ほど出会いが少ないのには、理由があります。

それは「女」を忘れて、女性らしさを失ってしまっている人が多いから。

見た目の話ではなく、「一人で生きていける強さ」みたいなモノがにじみ出てしまっているようなイメージです。

男性からみると守ってあげたい対象ではなくなってしまい、単に「かっこいい人」という風にしかみられなくなってしまっているのかもしれません。

「自分」が強すぎる

出会いを遠ざけている可能性として、自分のことを客観的に見られていないということが挙げられます。

新しい出会いというのは、最初は初対面同士から始まるもの。

つまり初対面の人から見て印象がいくなければ、そこから恋愛関係に発展することは非常に難しくなってしまいます。

あなたにとっては着慣れているファッションやメイク、髪型だったとしても、初対面の人から見て「自分とは合わないな」と思われてしまったらそこで終了するかもしれません。

自分のことを客観的に見て、必要であれば努力して直していく必要があるでしょう。

「理想」が高すぎる

年齢を重ねれば重ねるほど、男性に対する理想はどんどん高くなっていってしまいますよね。

見た目がこうで、年収がいくらで、役職についていて、こんな性格で……という具合に、歯止めが利かない人がいるかもしれません。

これでは対象がものすごく少なくなってしまうので、いい出会いが訪れないのは当たり前です。

絶対に譲れない条件なのであれば、貫き通すべきだと言えます。

ですがそもそもその条件に対しあなた自身が釣り合っているのかみたいなところも、いったん考えてみるといいかもしれません。

自分を振り返ってみて

思い当たることはありましたか。

これらに共通するのは、すべて自分を客観視できていないからこそ起こっていることかもしれません。

つまりいい出会いには、自分を客観的に見てみることが重要だと言えます。

ということで、まずは自分を振り返ることから始めてみましょう。

(愛カツ編集部)