「恋愛と結婚はまったく別物」という意見を聞いたことはありませんか。

実際に既婚女性に話を聞いてみると、「本当にその通り!恋愛は非日常で、結婚は日常」という声もありました。

ですので恋愛相手としては適当ではない男性でも、結婚相手に向いている場合があるのです。

そこで今回は「意外にも結婚相手に適している男性の特徴」を、既婚女性の声と併せて紹介します。

視野を広げてみて!意外にも結婚相手に適している男性の特徴

お金にうるさくてケチ

「私の旦那は、お金に関してよく言えばおおらか、悪く言えば無頓着。おかげで深く考えずにお金を使うので家計はキツキツに……。

しかも、なににいくら使ったのか聞いても『う~ん、別になにも買ってないけどなぁ……』という曖昧な返事しか返ってきません。めちゃくちゃストレスです!」(35歳女性/パート)

結婚相手なら、気前のいい人よりケチなくらいの方が家計は安定します。

収入と支出を把握し、なににどれくらいかけるのか、人生を長い目で見て計算できる人でないといくら収入があっても足りません。

気前よくおごってくれる男性とのデートは楽しいですが、旦那がそうだと嫁としては困りますよね。

いままで「お金に細かいな……」と思って見ていた人の方が、結婚向きです。

あまり女性慣れしていない

「うちの夫は理屈臭くってコミュニケーション能力低いし友達も多くない。そう思っていたけど、結婚してみたら浮気の心配はないし専門職だから高給取りだし……。理屈がしっかりしている分、頭で納得できれば動いてくれます」(31歳女性/小売販売)

「研究と仕事が楽しくて恋愛に興味がないと公言し、真面目一筋で生きてきた理系の主人は、30歳前にして私が初めての彼女となり結婚しました。

いまや子煩悩なマイホームパパです。真面目だから彼の中で『家族を守る』というミッションが確立されたら揺るがないようです」(30歳女性/主婦)

女性が少ない環境で過ごしている可能性が高いのが、理系男性。

不器用でシャイな人も多く、これまで恋愛市場に出ていなかったけれど結婚向き、という男性がたくさんいそうです。

理系特有の理屈が苦手な女性が多いですが、感情的で情緒が安定しない男性と比較すると分かりやすくて楽だと言えるかもしれません。

バツイチ

バツイチ

「一度家庭を築いた経験があるので私との結婚生活でもバタバタしてないし、今度こそ失敗したくないと思っているので大切にしてくれます。私の両親も最初は難色を示しましたが、いまでは自慢の婿だと思ってくれてるみたい」(31歳女性/公務員)

傷ついた経験が上手くいかされ、バツイチ男性がよき夫かつよき父となったパターン。

バツイチ男性は敬遠されがちですが、結婚相手から除外してしまうのはもったいない場合がじつは多いのです。

ただし離婚原因には注意が必要。浮気やDVが原因だとくり返しかねません。

また、前妻との間の子どもの有無で、面会や養育費など再婚家庭への影響が大きく変わります。

きちんと彼と話し合い納得できれば、バツイチ男性との結婚はありですよ。

さまざまな男性を知って

これまで対象外にしがちだった、じつは結婚向きな男性の特徴を紹介しました。

「〇〇は絶対ない」という偏見を捨てて少し視野を広げると、思いがけない人が運命の相手になるかもしれません。

(愛カツ編集部)