気になる男性に振り向いてもらいたいと思っていても、具体的にどのようにアプローチをすればいいか分からないという人もいるでしょう。

そこで、耳寄り情報。じつは女性からの「気遣い」にキュンとくる男性は、多いのです。

相手の様子を汲み取って気遣うことができれば、彼との距離も縮まるでしょう。

今回は「男性がキュンとくる、女性のさりげない気遣い」を、シーン別に紹介します。

シーン別!男性がキュンとくる、女性の「さりげない気遣い」3つ

女友達からのさりげない気遣い

「女友達とファミレスに入り店員さんがお水を持ってきてくれたあと、トイレ行ってくると席を立った彼女が『氷なしがよかったよね』と言ってお水を持ってきてくれたんです。以前食事したときに僕が話したのを覚えてくれていたことがすごくうれしかったな。

そんなことで?と思われるかもしれないけど、いい奥さんになりそうだなって思ったら異性として意識し始めてましたよ」(33歳男性/旅行会社営業)

女友達から彼女へ昇格したい人は、ぜひ実践してみて。

相手を知っているからこその気配りを見せることで「女性」を意識させるきっかけになるかもしれません。

彼の好みやこだわりは、覚えておいて損はしないはずです。

弱っているときのさりげない気遣い

「ある合コンで、睡眠不足もあっていつもより早めに酔ったことがありました。珍しく今日は気持ち悪いなぁと思ってぼーっとしていたら、ななめ前に座っている女性が『お水置いときますね』って水の入ったコップを僕の前に置いてくれたんです。

あとで聞いたけどわざわざ店員さんにもらいに行ってくれたみたいで。僕の変化に気づいてくれたこととさりげない気遣いが嬉しくて、帰りに連絡先を聞きました」(31歳男性/機械オペレーター)

ちょっとしたことかもしれませんが、弱っているときに気をかけてくれる人って印象に残りますよね。

「出勤中突然雨が降った日、後輩の女の子がハンカチを手渡してくれた」「残業が続いてやっと落ち着いた日に、隣の部署にいる同期が『お疲れさま、今日は早く休んでね』と声をかけてくれた」

このように、小さな気配りが嬉しかったというエピソードもほかにありました。

彼の仕事が忙しいときや病気のときこそ、チャンスだと言えます。

弱っているときに受けるやさしい気遣いが心を動かし、恋愛が始まるきっかけになることもあるのです。

デートのときのさりげない気遣い

デートのときのさりげない気遣い

「デートを終えて、彼女を家まで送っていた途中コンビニに立ち寄ったんですが、そこで彼女が『今日はごちそうさま!ありがとうね。これ、帰り眠くなったらいけないと思って。』と僕の好きなコーヒーを買ってきて渡してくれて、嬉しかったですね」(33歳男性/教師)

デートでは男性が送り迎えをして、おごってくれるのが当たり前だと思っていませんか?

お礼を伝えるだけでなく、ちょっとした気配りを見せるだけでほかの女性に差をつけられるかもしれません。

男性がおごるのを当たり前に思う女性もいるなか、こんなちょっとした気遣いがサラッとできると、好意を持たれるきっかけになりますよ。

好きな男性を観察して

気遣いのできる女性がモテるという話はよく聞きますが、相手に合わせて気配りや気遣いの方法を選ぶのは難しいもの。

ただ押しつけるだけの気遣いは、「重い女」と勘違いされてしまう可能性もあります。

マニュアルや成功エピソードどおりではなく、好きな男性を観察しながらどんな心配りがベストなのかを見つけていってください。

(愛カツ編集部)