男性と何回かデートを重ねていい雰囲気になっているのに、なぜか告白されないといった経験はありませんか。

もしかしたら、男性に勇気を持たせるためのアプローチが足りないのかもしれませんよ。

そこで今回は「男性が『告白を決意』する、女性からの一言」を紹介します。

勇気が出た!男性が「告白を決意」する、女性からの一言

「待つの疲れるんだけど」

「気になってはいるけどいまいち告白するのは自信がない子から『待つの疲れるんだけど』と言われて、ドキっとしました。すぐに告白しないとって思いました」(27歳男性/事務)

男性に告白を決意させるのはもちろんですが、言ってからしっかりと行動に移してくれる男性は素敵ですよね。

「いたら来ないよ」

「以前は冷たくしてしまったけど、また会いたいとデートに誘ったら大成功。手をつないていい雰囲気になったときに、『いま彼氏いるの?』と聞いたら『いたら来ないよ』って……。このまま誰かにとられちゃうのは嫌で、そのまま告白しました」(30歳男性/営業)

いい雰囲気のデート、手もつないだしうまく行きそう……。

そんな安心のほかに男性の背中を押すものがもう一つ。「横からほかの男にさらわれるかも」という不安です。

「彼女は魅力的だからほかの男も狙っているのでは?人にとられるのは嫌だから告白しないと!」

このような心境の男性を刺激するのが、「いたら来ない」という言葉なのです。

ここで、ちゃんと告白して付き合っておかないと、次はないかもと揺さぶりをかけるのでしょう。

「どうしたのー?」

「どうしたのー?」

「いまの彼女は、僕が告白のきっかけがつかめなくてモジモジしてたら『どうしたのー?』って僕の目を見ながら『告っていいよオーラ』を出してくれたので助かりました」(26歳男性/営業)

告白は男性がするもの、思っている女性も多いのでは?しかし、告白となると誰だって勇気が要るものです。

いざ告白するというときに男性がモジモジしつづけていたら、「はっきりして!」と叫びたくなることも。

そんなときは「はっきり言えないなら、その程度の気持ちでしょ?」と冷めた態度をとったり、「気まずい」と何も気づいてないふりをしたりしていませんか。

そんなことでも、男性の気持ちは簡単に折れます。

「はっきりしろ!」「いっそ私から言った方が」なんて苛立ちは見せず、「告ってOK」「失敗させません」というオーラを出したのがこのケース。

「本気だからこそ強く押せない」男性もいます。彼らのペースを守らせることも、時には大事なようです。

お膳立てをしてあげて

本当に好きなら、こっちがどんな態度でいてもちゃんと告白するのが男でしょ?なんて思っていませんか?

うまくカップルになる女性は、自分からきっかけを作るなどの「お膳立て」をしています。

多少の手助けで彼が勇気を出してくれるなら、やらない手はありません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

【ほかにも】告白を後押しされた!女性からのひと言