電子機器が栄えて久しい昨今。スマホやタブレットで情報収集したり本を読んだり映画を観たりする人をよく見かけますよね。

そんな時代だからこそ、文庫本やハードカバーの書籍を読んでいる「読書女子」に惹かれる男性がいるんだとか。

今回はそんな「読書女子」の魅力を、具体的に紹介していきます。

スマホ時代だからこそ目立つ!男子が惹かれる「読書女子」の魅力

読書するときだけ眼鏡をかける姿

「俺の彼女がまさに読書女子。小説、エッセイ、教養書などとにかく本が好きで。自宅デートしてるときでも本を読むんだけど、読書するときだけ眼鏡をかけるんだよね……。読書女子×眼鏡女子とかたまらないですよね」(30歳男性/営業)

読書女子と聞いてまず連想されるのが眼鏡女子、という男子も少なくないようです。

普段は眼鏡をかけていない女子が、本を読むときだけ眼鏡をかけるとギャップもあり、より魅力的に感じられるんだとか。

ダテ眼鏡でもよいので、読書するときに眼鏡もかけてみてはどうでしょうか。

相乗効果で、意外なほど男子からモテるようになるかもしれません。

ミステリアスでなんだか気になる

「会社の同僚女子が、休憩時間に本を読んでて気になってます。読書女子はミステリアスな雰囲気が魅力的ですよね。読書中って話しかけちゃいけない感じがするけど……自分も本は好きなので、どんなジャンルの本読んでるのか興味あるし、今度思い切って話しかけてみようかな」(28歳男性/総務)

男子は、読書女子のミステリアスな雰囲気に魅力を感じ、相手のことをもっと知りたい!とつい思っちゃうそう。

どんな本を読むかで、その人がなにに興味を持っているのか分かるような気がしますよね。

とはいえ、なかなか話しかけづらいと感じる男子もいるみたいなので、本を読むときはカバーをつけずにあえて表紙を見えるようにしておくのもあり。

「このジャンルの本でおすすめのものがあるよ」や「あっ、この本俺も読んだよ」など、会話のきっかけが生まれるかもしれません。

知的な雰囲気がある

知的な雰囲気がある

「カフェとかで本を読んでる女の人を見かけると、知的な印象を受けますね。読んでる本が専門書かどうかは分からないけど、時間を割いて活字を読んでるってことはある程度教養があるってことなのではと思います。」(28歳女性/銀行)

学生時代には定期的に図書館に通って読書する機会があっても、社会人になると本を手に取る機会そのものが減るかもしれません。

そのため、カフェや電車内などで本を片手に時間を過ごしている女子は、それだけでも知的で魅力的に映るようです。

知識や話題も豊富そうで、「一度話してみたい!」という気になる男子も多いんだとか。

読書好きな女子は、「暗いって思われるかも……」なんて心配はせず、出先でもどんどん読書をしてくださいね。

恋のきっかけがうまれるかも♡

同じ文章を読むにしてもスマホやタブレットでなく本を持っている読書女子に対して、どこか神秘的な雰囲気や知的な印象を感じて惹かれる男子がいるようです。

愛読書を鞄に入れて、カフェや職場で読書女子になってみてはいかがでしょうか。

恋のきっかけがうまれるかもしれません♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)