気になる彼の、本命になりたい!そんな思いをかかえる片思い女性は、少なくないはず。

しかしデート中の言動しだいでは、気になる彼から「この子は、キープでいっか」と思われることがあるよう……。

男性は、いったいどんな女性に対して「キープ認定」するのでしょうか?

今回は、男性がキープ認定しやすい女性の特徴をご紹介いたします。

本命女性とは、なにが違うの…?男性から「キープ認定」される女性とは

スマホばかり見ている

デートの最中でも、友だちからのLINEや仕事関係の連絡など、スマホが手放せないという女性も少なくないでしょう。

でも気になる男性とのデートの最中は、スマホよりも目の前の彼に集中するのがベター。

スマホばかり見ている女性に対し、デート相手の男性は「誰に送っているんだろ」「デートつまらないのかな」と不安になってしまうそう。

とくに自信がなかったり、恋愛経験の少なかったりする男性は、その傾向が強くみられることがあります。

もし彼と自分の立場が逆だったら、一緒にいてもずっと不安な気持ちになる相手と付き合いたいと思いますか?

とくに知り合ってすぐのうちは、なるべくスマホをいじらないように意識しましょう。

あまりドキドキしない

デートを重ねてもなかなか距離が縮まらない……そう感じると男性は、デート相手の女性を本命枠から外すことがあるようです。

一緒にいろんな話をしたり、2人きりで出かけたりというデートは、よっぽど嫌いな相手じゃなければできるという男性もいます。

そんなデートの中で重要なのは、ドキドキ感。これがなければ、たとえデートそのものが楽しくても「恋につながる」可能性は低いこともあるよう。

ちなみに男性がドキドキする瞬間は、色気を感じたときや恋愛トークをしたときだそうですよ。

デート初期のうちからドキドキ感を意識しておくと、恋につながりやすいかもしれませんね。

好意が伝わってこない

男性は、3回目のデートまでで「キープ女子」かどうかを判断することがあるようです。

でもその3回のうちに女子から「好きなのか嫌いなのか」を言葉や態度で示してもらえない相手の場合、「恋に転ぶこともあるかもしれないし、様子見しよ」ということで、キープ女子認定をしてしまいがち。

デート相手の男性と付き合いたい場合は、少しずつでも「あなたに好意があるよ」ということを態度で示してみて。

短時間デートばかり提案する

短時間デートばかり提案する

出会ってすぐにも関わらず、女性側から短時間デートばかり提案していると、「キープ女子」認定をされやすいよう。

なぜなら、2人でゆったりと話す時間を確保できないため「このまま会い続けても恋につながるのか……?」と男性が不安を感じるからです。

そのため男性は「様子見するか」とひとまずキープ女子認定をしておき、次につながるかを見極めるうちに本命枠から外してしまうよう。

いきなり長時間デートばかりする必要はありませんが、デート相手が気になる男性の場合は、互いについて深く話し合う時間をつくれるといいでしょう。

自分のことを話しすぎる

デートのときは、彼と2人でいろいろな話をしますよね。

ただ自分のことを話しすぎると、男性は本命枠からその女性を外すこともあるようです。

なぜなら、男性がその会話から「こういう女性なんだ。だいたいわかった」と感じてしまうから。

そのため最初から自分を全部知ってもらう!というスタンスはやめて、「じつは昔◯◯をしていた」「じつは意外な趣味をもっている」といったプライベートな情報は小出しにしてみましょう。

ちょっとミステリアスな部分を残して、相手に「もっと知りたい」と思わせてみましょう。

何気ない言動に注意して!

あなたがなかなか彼の本命になれない場合、デート中の何気ない言動によってキープ認定を受けているのかもしれません。

本命への道を自ら閉ざしてしまわないように、この記事のヒントを参考にしてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)