LINEが返ってこない&既読無視されている……と悩んだことはありませんか?

他人からの既読無視はあまり気にならないのに、彼氏や好きな人の既読無視は、どうしてもネガティブに考えがちですよね。

そこで今回は、既読無視をする男性の心理を踏まえながら、その理由について考えてみたいと思います。

直せば大丈夫!あなたのLINEが既読無視される理由

正解を求めるような質問

会話を続けるためには、質問するのが基本ですが、質問したのに返事がこないことってありますよね。

返事がこないのは、男性に「質問に対する正解」を求めすぎていることが原因かもしれません。

たとえば「もっと積極的になりたいんだけど、どう思う?」と尋ねてしまうと、彼は「正直にこんなこと言ったら、不快にさせるかも……」と考えてしまいます。

あれこれ正解を考えているうちに、彼は返事をするのが面倒になってしまうというわけです。

「○○くんだったらどうしたい?」「○○くんの考え方に興味あるから教えて」といった言い方なら、彼も本音を言いやすいので、親近感もUPするはずですよ。

すぐに自分の意見を言ってしまう

自分は相手の意見を求めているつもりでも、彼から見ると話が完結していることで、既読無視の原因になることがあります。

たとえば彼に「あの映画おもしろかった?」と質問をした直後に「宣伝してるほど、よくなかったよね?」と自分の意見を言ってしまうなど。

返事が欲しいときは、「~だよね?」で、一旦STOP。

シンプルに質問して、シンプルな返事を狙いましょう。

そこから少しずつ会話を広げていけばOKです。

送るタイミングが悪い

送るタイミングが悪い

返事が来ないのは、LINEを送るタイミングが悪いのかもしれません。

電話よりもはるかに連絡しやすいLINEですが、そこに落とし穴があります。

LINEはすぐに届き、相手もそれをすぐに見ることができる便利なツールですが、返事をすぐに送信できるかどうかは別。

仕事中、入浴中、好きな番組を見ていたり、趣味を楽しんでいる途中だったりすると、返事は後回し……なんてこともあるでしょう。

それが日常化すると、既読無視が当たり前になってしまう危険も……。

普段の会話のなかで、なにげなく彼の生活パターンを聞き出しておき、それを踏まえたうえでLINEを送ってみましょう。

返信へのリアクションが薄い

彼の返信に対するリアクションの薄さが、既読無視の原因になることがあります。

彼からすると「もっと喜んでもらえると思っていたのに……」という気持ちなのに、思うような反応が返ってこない……。

こんなことが続けば、LINEでコミュニケーションをとるのが面倒くさくなってしまうかもしれません。

ときどき返事をくれたことに対して感謝したり、嬉しい気持ちを伝えてみたりするのはいかがでしょうか。

ビックリ、ワクワク、ドキドキなどの気持ちを、スタンプや絵文字を使い、テンション高めに表現してみてくださいね。

既読無視の原因はささいなこと

彼氏や好きな人の既読無視は、ついついネガティブなことを考えてしまいがちですが、原因は意外とささいなことかもしれません。

内容をシンプルにし、送るタイミングやリアクションを調整して、返事をしたくなるLINEにアレンジしてみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)