念願の恋人同士になれてもなお、彼のLINEが冷たく感じるのはなぜでしょうか?

返事も淡泊だし、既読無視も日常茶飯事……。

今回は、交際後に男性が面倒に感じてしまうLINEについてご紹介します。

すぐに実践できる改善策ばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね!

交際後の落とし穴!男性が「面倒に思うLINE」に注意!

たわいもない会話

「今日のお仕事どうだった?」や「今日はなに食べたの?美味しかった?」など、一見たわいもないLINEが、男性には面倒だと思われることがあります。

「会話=情報交換」だと考えがちな男性は、「それを聞いてどうなるの?」と思う傾向があるためです。

そんなLINEが続くと、この子とコミュニケーションをとるのは難しいと感じるかもしれません。

LINEで返事をもらいやすくするコツは、「○○くんが心配だから」「頑張り屋さんだから」など、どうして質問したいのかを明確にすること。

彼を気遣いたい理由がきちんと伝われば、愛情のこもったコミュニケーションがとれるでしょう。

返事をしないと始まらないLINE

LINEでの細かいやりとりも、男性が面倒に感じてしまうことがあります。

たとえば、「ねぇ聞いて!」と送り、「どうしたの?」という返信が来てから会話を始めようとすることはありませんか?

とりあえず話の内容がわからないと、LINEのためにいま時間を割くべきかどうかが判断できず、イライラしてしまう男性もいます。

忙しい彼なら、とくに要注意。

「○○のこと、ちょっと迷ってるから聞いてほしいの」など、会話の内容が彼に伝わりやすくなるようなLINEを心がけてみましょう。

長いやりとりになりそうなときは、「いま大丈夫?」「忙しかったらごめんね」など、気遣いのひと言も忘れないでくださいね。

同じことを何度も尋ねるLINE

同じことを何度も尋ねるLINE

デート中に「この服かわいいでしょ?」と尋ねてから、帰宅後のLINEでも「かわいかったでしょ?」と同じことを尋ねてしまうと、彼は面倒だと感じてしまうかもしれません。

また、以前彼に教えてもらったことを、また「わからないから教えて~!」と尋ねるのも要注意。

短い期間に同じことを何度も伝えたり教えたりするのは、無駄な時間と感じる男性も少なくありません。

コミュニケーションの頻度を増やしたいときは、できるだけいろいろな話題を振ってみましょう。

未読スルーを悲しむLINE

未読スルーをされることもあると思いますが、その寂しい気持ちを彼に見せすぎると、面倒に思われることもあります。

たとえば、「おやすみ~!」とLINEをしたのに、気付いてもらえず、既読になったのが翌日……ということもあるでしょう。

しかし、絵文字やスタンプで寂しい気持ちを表現すると、彼にちょっぴり罪悪感を抱かせてしまいます。

それに、何度も繰り返していると面倒に思われるかもしれません。

寂しさを伝えたいときは、少し茶目っ気を出す、または「早く寝てたんだね。疲れてない?大丈夫?」と気遣うほうが、好感度もUPしますよ!

彼目線でLINEを考えてみる

付き合いたては幸せな気持ちになるため、LINEのやりとりひとつでも、ついつい自分目線でコミュニケーションをとってしまうかもしれません。

そんな恋のテンションがあがっているときこそ、彼目線でLINEを考えましょう。

お互いにとって、気軽に楽しく会話ができるよう意識するのがポイントですよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)