恋愛を成就させたい女性たちにとって、トレンドを押さえておくのは大切なことですよね。

ただ、流行っているからといってなんでも取り入れるのは、恋愛においてはプラスにならないこともあります。

男性に流行りメイクについて聞いてみると、思った以上に厳しい声がちらほら。

今回は、男性意見から見えてきた、注意したい流行りメイクをご紹介いたします。

NG男性多し…?流行りメイクの男性ウケを調査

チャイボーグメイク

「ブームかもしれないけど、化粧が濃いと思う。真っ赤なリップは正直好きじゃないかな……」(30歳男性/営業)

韓国メイクブームに次ぐ新たなトレンドとして、話題になっているチャイボーグメイクで。

美人っぽさが強調されるメイクですが、アイメイクやリップの存在感が強い特徴があります。

そのため男性には、チャイボーグ特有の「つくりこまれた美しさ」が、派手・不自然に見えてしまうようです。 

ネオンカラーのアイメイク

「カラフルなアイメイクは、奇抜すぎて良さがわからない。彼女にはやめてほしいな」(27歳男性/販売)

カラフルでポップな印象を与えてくれる、ネオンカラーのアイメイクに対しては、「個性的すぎる」「奇抜」という意見が目立ちました。

派手色アイシャドウは、華やかな目元になりますが、男性はやはりナチュラルなメイクのほうが好みのようです。

ネオンカラーのアイメイクは、女性同士で集まる機会など、TPOや相手を考えて取り入れるのが正解かもしれませんね。

ヌーディーメイク

ヌーディーメイク

「ナチュラルなメイクは好きだけど、あまりにもヌーディーなのはちょっと……。顔色悪くない?って心配になります」(24歳男性/サービス業)

ナチュラルメイクやヌーディーメイクは、男性ウケもいいトレンドメイク。

ただ、色味がないメイクは、血色感がなく地味に見えてしまう可能性があります。

ナチュラルさはありつつも、華やかさ、ヘルシーさも男性は求めているのかもしれません。

ヌーディーメイクをするときは、化粧っ気がない仕上がりにならないよう、リップやチークで血色感をプラスするのがおすすめです。

ホワイトアイライン

「白いアイラインのアイメイクは、個性的な子・精神的に弱そうな印象があるので、ちょっと警戒してしまいます」(29歳男性/マーケティング)

ホワイトアイラインがもたらしてくれる儚げな印象が、男性には「ネガティブな性格」「繊細」という印象に映ってしまうようです。

ネガティブで繊細な性格は、男性に「重たい女性かも」「対応に苦労するかも」と思わせてしまう恐れも……。

そのため、「ホワイトアイライン=警戒しなければ」という男性の心理が働いてしまうのかもしれません。

メイクを上手に使い分けて!

今回紹介した流行りメイクは、決してダメなメイクではありません。

ただ、そこで印象ダウンしないように、男性ウケの良し悪しを踏まえてメイクを上手に使い分けることが大切です。

一緒に過ごす相手に合わせてメイクを楽しんでくださいね。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)