彼氏なのにギクシャクすることがあったり、付き合ってもすぐに別れてしまう人は、人間関係の構築に問題がある可能性が……。

ずっとラブラブのカップルは、やはり良好なコミュニケーションを取っているようです。

ラブラブな状態を長続きさせるためには、どんな心得でコミュニケーションをはかっているのでしょうか。

今回はその真理に迫ります。

彼とずっとラブラブでいるためのコミュニケーション術って?

2人でいることを意識する

永遠の愛を誓うくらいずっといっしょにいたいのなら、2人で困難に立ち向かうことを常に意識しましょう。

仕事にしろプライベートにしろ、長い人生には危機や困難が幾度となく訪れるもの。

時間が解決してくれるしかない困難に遭うこともあるでしょう。

そんなときには2人で励まし合って乗り越えるしかありません。

つまり、一人だけで抱え込まず、上っ面だけのコミュニケーションにはせず、なにごとにもしっかりと2人で向き合うことを心がけましょう。

良いときばかり寄り添うよりも、苦難を共にした方が2人の絆は深まりますよ。

お互いに無理しないようにする

無理や我慢は長続きしませんよね。

「いつも彼の前では完璧に美しくしていたい」という女心は当然だし、決して悪いことではありません。

でも、毎回ずっと気を抜けない状態でいるのは苦痛ではありませんか?

隙のない姿をキープしようと身だしなみばかりに気を取られていては、なかなか気持ちもつながり合えないでしょう。

彼と結婚を考えているなら、自然体の自分をさらけ出して好きになってもらうことが大切です。

ぜひ彼にも「私の前では自然な姿でいてね」とお願いしてください。

お互いに見栄を張らず、すっぴん姿やジャージ姿も見せておきたいですね。

ただし、ありのままのだらしない自分を好きになって!ということではありません。

相手が不快に思わないような最低限の気づかいは、いつでも忘れないように。

将来の話をする

お互いに「これから先もずっといっしょにいたい」と思っていれば、自然と将来の話になるもの。

「子どもは○人欲しい」「こんな家に住みたい」などの話は、いっしょに未来に向かって頑張ろうという意識につながります。

2人で思い出を語り合うのも楽しいけれど、未来に向けたコミュニケーションの方が結婚への気持ちが固まるでしょう。

そんな話をしているうちに、「今度、式場周りをしてみようか?」なんて話になるかもしれませんよ。

お互いに向き合うことが大事

カップル歴が長いほど、2人の間には倦怠期があったり、すれ違いがあるもの。

でも、きちんと向かい合ったコミュニケーションがあれば、乗り越えることでき、ずっとラブラブなカップルでいられます。

そんなコミュニケーションを取るための心得を忘れずに実践して、ずっと長くラブラブをキープしてくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)