職場で好きな人ができると、このまま恋愛関係に発展させていいか悩む人もいるでしょう。

仕事や周りの人間関係にも影響があるかもしれません。

しかし、仕事を理由に恋を諦めるのは難しいもの。

今回は職場恋愛のメリットとデメリットについてご紹介します。

職場に好きな人ができたら考えたい「職場恋愛」のメリットとデメリット

相手のことがよく分かる

職場が同じだと、相手の状況が把握しやすいものです。

仕事ぶりに注目すれば、相手の性格も見えてくるかもしれません。

限られたデートよりも、相手のことを知れるでしょう。

いいところも悪いところもひっくるめて、相手を把握できることで、結婚後のすれちがいが少なくて済みそうです。

また、相手の仕事の大変さを理解しやすいので、恋人関係にいい影響を与えてくれるかもしれません。

仕事がしづらくなる

いっぽうで、好きな人が職場にいると仕事がしづらいかもしれません。

相手との関係が上司や部下、先輩や後輩ならなおさらです。

つい目で追いかけてしまって、自分の仕事が思うようにできないなんてことも……。

彼の性格によっては、恋人にあえてそっけない態度を取ることもあるでしょう。

迷惑をかけないためにも、付き合っていることを周りに話さないなど、考慮した方がよさそうです。

職場に自分を思ってくれる人がいる

職場に自分を思ってくれる人がいる

相手とのお付き合いが上手くいけば、仕事とプライベートの両方でいい関係が築けるでしょう。

しかし、仕事は仕事です。

たとえ恋人でも職場では「同僚」や「上司」など関係性が変わるもの。

恋愛が仕事に悪い影響をおよぼさないように、きちんと働く意識を持つといいでしょう。

辞めなければいけない

ふたりの関係が上手くいかなかった場合、職場を変える必要があるかもしれません。

これこそ、職場恋愛の最大のデメリットでしょう。

仕事を変えるのは、人生を左右するのと同じ。

こうならないためにも、職場恋愛をする場合は、仕事も恋愛も上手に進められるようにした方がいいでしょう。

仕事と恋愛の両立が大切

大切なのは、大人として仕事と恋愛を両立させることです。

難しいことかもしれませんが、その分ふたりだけの楽しみも増えていくでしょう。

歩幅を合わせていけば、きっと上手くいきますよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)