「彼と一緒にいてもドキドキしない」「好きなのかどうか分からなくなってきた」

このような人は、「別れ」の文字がちらついているかもしれません。

ですが勢いで別れてしまうと、後で後悔する場合もあるんだとか。

いったん冷静になって、どうするべきか自分の気持ちを確認してからでも遅くないでしょう。

今回は「彼氏に別れを切り出す前に、見直してみるべきこと」を紹介します。

彼氏に別れを切り出す前に、見直してみるべきこと3つ

彼がほかの女性と付き合って嫌ではないか

「完全に冷めたと思って2年付き合ってた彼氏を振りました。すると、3ヶ月後にほかの女と腕を組んで歩いてる彼を見かけて、すごくショックだった。彼はずっと私のことが好きだって勝手に思ってたんですよね。正直、幸せそうにほほ笑んでいる女性に嫉妬してます」(25歳女性/公務員)

想像してください。もし、彼の隣にいるのがあなたじゃなくてほかの女性だったら……。

彼が愛をささやくのが、優しくキスをするのが、あなたじゃなくてほかの女性だったら嫌ではありませんか。

そんな場面を思い浮かべて心がざわつくのなら、まだあなたは彼に気持ちがある証拠。

「彼女」のポジションをほかの女性に明け渡すのは、まだ早いかもしれません。

彼に触れられるのは嫌か

「眠るときにどうしても別れた彼のことを思い出してしまう。とくに仕事で失敗したり落ち込むことがあったりしたときは……。もう、彼に気持ちはないと思ってたけど、寂しいときに抱きしめられたいって思ってしまうから、ちょっとしんどいです」(26歳女性/営業)

彼に触れられるのが嫌じゃないのなら、別れは切り出さない方がいいかもしれません。

どうしても、人の温もりを感じたい……と思う瞬間は、誰にだってあるもの。

そんなときに彼に触れてもらったら、また愛情がよみがえる可能性も大いにあるはずです。

寂しい気持ちを一人で我慢するのって、想像以上に過酷。思いつきで別れて、大切な人を失わないようにしましょう。

彼の好きなところは一つもないか

彼の好きなところは一つもないか

「一緒にいてもドキドキしないし、恋愛感情というより情だなと思って彼と別れたんです。それが間違いでした。コーヒーを飲むと『彼のコーヒーを淹れる仕草が好きだったな』とか『さりげなく車道側を歩いてくれるところが好きだったな』とかいろいろ思い出されて……。つらいです」(23歳女性/総務)

もし一つでも彼の好きなところがあるのなら、別れた後にその好きなところばかり思い出されてつらくなる可能性も。

「頭の先から足の先まで、一つ残らず大嫌い!」という気持ちになってから別れても、遅くはありません。

いったん冷静になって、彼の好きなところを振り返ってみてください。

別れは「大嫌い」になったら

なんとなく気持ちが冷めたかも?好きじゃなくなったかも?と曖昧な気持ちのときは、別れを切り出さない方が賢明です。

別れた後に彼への愛情を再確認しても、時すでに遅しでしょう。

だから、別れを切り出すのは慎重に。「もう大嫌い、顔も見たくない!」という域に達するまで待ってもいいかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)