恋愛対象にならない女性に対して、彼はどんな顔を見せるのでしょうか。

意外にブラックな一面を見せるのかも?

そこで今回は、男性の星座別に、恋愛対象外の女性に見せる「ブラックな一面」を占ってみました。

前編に引き続き、後編をご紹介します!

【後編】男性の星座別・恋愛対象外の女性に見せる「ブラックな一面」

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【好きでもないのに期待させる】

ジェントルマンのてんびん座男性は、「恋愛対象にならない」と思っても、露骨にそれを態度に示すことはありません。

なんとも思っていない女性にも愛想よくしますし、レディーファーストとしてドアを開けてあげたり、重い物を持ってあげたりするでしょう。

そんな紳士的な振る舞いが、「私のこと、特別扱いしてる?好きなの?」という誤解を与える場合も。

本人にその気がなくても、つい思わせぶりな態度を取ってしまうようです。

しかも、恋愛対象外の女性であっても、告白されるとノーと言えず、曖昧な返事をしがち。

自分が嫌われたくないだけなのですが、付き合う気がないならバッサリ断ったほうがマシかもしれません。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【興味がなさすぎて無視しがち】

さそり座男性は、好きな女性には重たいほどの情熱を注ぎますが、恋愛対象外の女性には見向きもしないかも。

「ゼロか100か」というくらい極端なタイプなので、いったん「興味ナシ」と判断した人を好きになることもまずないでしょう。

そのため、なんとも思っていない女性とふたりきりでいると、いないものとして無視したり、明らかに間が持たないと困惑したりするはず。

仕事関係者であれば、業務の話に終始して、ハッキリと個人的な興味がないことがわかるでしょう。

さそり座男性にとっては、好きな女性以外はすべて恋愛対象外。

視界にすら入っていないようです。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【誰に対しても同じ態度をとる】

ノリの良いいて座男性は、恋愛対象の幅が比較的広いでしょう。

好みのタイプはあっても、話してみて「いいな」と感じれば、デートに誘うくらいは普通にするはず。

ただ、男女の関係になっても、本気で好きになるかどうかは彼次第。

結婚してもいいほどの本命彼女以外は、いて座男性にとっては結局、「どうでもいい」なのかもしれません。

身体の付き合いを持つようになってから、彼のいい加減さに気づいて「遊ばれた!」と憤りを覚える女性も少なくないでしょう。

本当の意味での恋愛対象になる・ならないの線引きが、いて座はかなり曖昧だといえます。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【距離感がありドライ】

奥手な面があるやぎ座男性は、そもそも恋愛の優先順位が高くありません。

「恋愛対象になる=妻にしたい女性」と考える傾向があり、大多数の女性が恋愛対象外といっても過言ではないでしょう。

そのため、彼女候補に見ない女性については、仕事ができるかどうか、自分とウマが合うかどうかで付き合う距離感をはかるよう。

ひとりの人間として尊重はしても、女性として意識することはほとんどなさそうです。

ドライで利害が絡んだ付き合いになりやすいだけに、そんな状態でもしやぎ座男性を好きになったら、自分がツラくなるだけ。

愛は一方通行で報われることがないかも。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【態度が悪く、自己中心的】

みずがめ座男性は、恋への関心度にムラがあるタイプ。

いつも恋していたいとは思いませんし、恋愛対象の条件はやや厳しめ。

誰に対しても優しくはしないでしょう。

しかも、それほど愛想が良いほうではないので、恋愛対象外の女性には、冷たい言動を示すことがありそう。

あからさまに近寄りがたい雰囲気を漂わせたり、仕事や趣味に没頭するほど自己中心的に振る舞ったりと、付き合いづらさを感じさせるはず。

みずがめ座男性に「いいな」とときめいても、態度の悪さに恋心はすぐ冷めてしまうかもしれません。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【曖昧でふわふわした態度】

柔和なうお座男性は、基本的に人に優しく、「恋愛対象になる・ならない」という理由だけで態度を変えるタイプではありません。

他人に合わせることが上手で感受性も豊かなため、最初は恋愛対象外と思っても、気づいたら好きになっていた……というパターンが少なくないはず。

そのため、うお座男性は、とにかく曖昧なところが罪作り。

好きでもないのに甘い顔を見せて、三角関係や中途半端な仲になれば、自分の気持ちを正しく把握できないことも。

「本気で好きなの?遊びなの?」と問い詰めても、彼の心がふわふわするばかり。

うお座男性には、本当の意味での恋愛対象外はいないのかもしれません。

人にはブラックな一面が…

どんな人間にも、ブラックな一面はあるもの。

恋愛対象外の人の前で見せる態度こそが、その人の本性かもしれません。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)