男性とLINEをしていて、脈ありか悩むことってありませんか?

デートに誘われるなど、わかりやすいアプローチがあればいいのですが、なんとなく続くLINEから彼の心はつかみにくいもの。

そこで今回は、男性が「本命女性」に送る3つのLINEをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

脈ありかも♡男性が「本命女性」に送る4つのLINE

1.マイナーな話をする

「好きな子には自分を知ってもらいたくて、昔からつい好きなマイナーバンドの話をしてしまう」(34歳男性/エンジニア)

心のどこかで「この子も俺の趣味にハマってくれたら良いな」との思いがあるのかもしれませんね。

彼のことが好きなのであれば、いろいろ質問をしたり、自身で勉強してみると良いかも!?きっと彼は喜んでくれるはずですよ。

2.その日の報告をする

「少しでも長くLINEを続けたいと思うので、その日にあったできごとを送っちゃいますね。

『今日は残業でいま仕事が終わりました!』とか『出張で○○に来ています』とか……」(29歳男性/営業)

LINEをするといっても、ネタは尽きてしまうもの。

だからこそ1日のできごとを送って、たわいもない会話を楽しんでいるよう。

たいしたことのない内容でも、これらが頻繁に送られてくるのであれば、脈ありの可能性は十分にありそうです。

3.たくさん褒める

「『○○ちゃんって本当に優しいよね』『俺、ロングの女子が好きなんだ!』など、とにかくその子を褒めまくります」(27歳男性/」事務)

さすがに告白するには早すぎるけれど、自分の好意は示したい場合に使えるのがこちら。

顔が見えないLINEだからこそ、彼らもより女性陣を褒めやすいみたいですよ。

逆に何を言っても否定ばかりされるようであれば、いい加減に扱われている証拠かもしれませんね。

4.あなたに質問する

「『普段どこで遊ぶの?』『休みの日は何しているの?』など、向こうの生活を知ろうとしますね。じゃないとどうアプローチすべきかもわからないし……」(30歳男性/販売)

いわゆる「疑問形LINE」ですね。

とくにあなたの生活と密接に関わった疑問文なら、脈ありの可能性は高いかも。

あなたに興味を持ってくれていることは確実なので、ここから関係が深まっていくことは大いにあり得るでしょう。

脈ありLINEを見逃さないで

「社交辞令かな?」なんて思っていることが、意外と彼らなりのアプローチだったりします。

だからこそ「つまらないな……」といい加減な返信をするのではなく、ひとつひとつきちんと対応していきましょう。

そうすることで、恋のチャンスを掴みやすくなるはずですよ♡

(和/ライター)

(愛カツ編集部)