気になる彼に上手に好意を伝えられれば、それがキッカケとなって、「告白をしてみよう」と思ってもらえるかもしれません。

そこで今回は、男性が脈ありかも……?と感じる瞬間をご紹介。

上手にシチュエーションを作って、彼の気持ちを一気に告白へと持っていきましょう!

告白のきっかけにも!男性が「脈ありかも?」と感じる瞬間

「2人きり」を嫌がらなかったとき

「2人きり」でのお誘いをされたときに、嫌がらずに即座に応じると「脈ありかも……」と感じてもらえるかもしれません。

あちらからの誘いがある場合は、少なくとも「一緒にいることが嫌ではない」ということ。

こちらからも「一緒に帰りましょう」とか「ランチに行きましょう」などと、こまめに2人きりになるなお誘いをしておくと、距離は急速に縮まっていくはずです。

話が続くとき

電話やLINEなどでやり取りをして、話が終わらずにずっと続くときも、男性はきっと「脈ありかな」と感じてくれているはず。

付き合う間際や付き合いたての頃には、長々と話し込んでしまうようなこともよくあるので、それと同じような興奮や高揚を得られるのでしょう。

ダラダラと無理に長話をするのはよくないですが、「もっと話したい」とか「話していると楽しい」といった気持ちは伝えた方がいいですよ。

周りから「お似合いだ」と言われたとき

楽しそうに会話をしていたり、ふたりで一緒にいることが多いと、「二人はお似合いだね~」なんて言われることもあるかもしれません。

そう言われたときに、こちらがまんざらではないような顔や態度を見せると、「もしかして両思いかも?」とドキドキしてくれるかも……!

「付き合ってないですよ」と否定したりはせずに、思いきって喜んでみたり、ちょっと恥ずかしそうにしたりすると、さらに相手の心を揺さぶれるでしょう。

両思いを実感するには…

好きな女性が自分のことをどう思っているのかは、男性もかなり気になるものです。

もしも「両思い」だと感じたら、自信もつくでしょうし、積極的にアプローチできるようになるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)