気になっている男性とは、なんとかして距離を縮めたいと誰もが思うはずです。

でも、どうしても仲良くなることができないという場合は、あなたが取っている言動に問題があるのかもしれません。

そこで今回は、男性との「距離が開いてしまう」NG行動を紹介します。

恋仲になれない…男性との「距離が開いてしまう」NG行動

いつまでも「他人行儀」

「いつまで経っても余所よそしい感じだと、もう仲良くなるのは無理だなって思ってしまう。なので、次第に距離も開いていきますよね」(28歳男性/飲食店勤務)

好きな男性の前では緊張してしまうものでしょうが、ずっと硬い感じでいるのは、あまりいい印象を与えません。

他人行儀な振る舞いをされ続けると、「俺に興味がないんだな」と男性は思うようになるはず。

自分から話しかけたり、プライベートな部分を明かしたり、素の自分を見せたりと、少しずつでいいので壁を取り除いていくと、男性もあなたに心を許してくれるようになりますよ。

いろいろと「調べ回る」

「俺のことを、いろいろと探っている女性がいて、それを知ったときは気持ち悪いと思ってしまった。
SNSとかも全部チェックしていて、ドン引きしましたね」(31歳男性/エンジニア)

好きな男性ができたら、その人のことが少しでも知りたくなるのは当然の流れ。

ただ、いろいろと調べ回ったり、細かく探ったりしていることが相手の男性に知られてしまうと、煙たがられる危険性は高いです。

コソコソと嗅ぎ回るようなことはせずに、男性とたくさん会話をして、そのなかでお互いを知っていくという形が、やっぱりベストでしょう。

「相手の状況」を考えない

「相手の状況」を考えない

「仕事でいっぱいいっぱいになっているときに、何度もアプローチをされても困ってしまうだけです。ちょっと待ってくれよって思っちゃいますね」(26歳男性/WEB制作)

「少しでも距離を縮めたい」とか「とにかく仲良くなりたい」という思いだけで突っ走るのは、注意が必要です。

相手の状況を一切考えないで自分の思いだけをぶつけると、「自分勝手な女性だな」とマイナスな印象を持たれてしまうかも。

そもそも、男性の仕事が忙しかったり、プライベートが大変だったりするときにアプローチをしても、うまくいく確率は低いです。

そこの判断は、ちゃんとしなくてはいけませんよ。

急に「距離」を縮めようとする

「急にガンガンこられると、こっちは逆に引いてしまいますね。好意を持ってくれているのはうれしいですけど、波長が合わない気がします」(27歳男性/人事)

好きなあまりに、焦って一気に距離を縮めようとするのは一番やってはいけないこと。

強引に押せば押すほど、男性の気持ちは離れていく一方……というケースも多いので、関係性をきちんと築いていくほうがいいでしょう。

「好き好き」と言いすぎると、最悪の場合、都合のいい相手にされてしまうこともあるので、そういった意味でも焦りは禁物ですよ。

彼との距離を縮めるために

気になっている男性に対しては、強く意識をしすぎるがゆえに、普段の自分からは想像できないような行動を取ることもあります。

そこを注意することができたら、意外と一気に距離が縮まる可能性も高いですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)