ギャップを制するものが恋愛を制する!

大人女性が時折見せるギャップに思わず「かわいい!」と萌えてしまう男性は多いようです。

そこで今回は、男性が萌えた「大人女性のギャップ」をご紹介します。

かわいすぎ!男性が萌えた「大人女性のギャップ」3選

私服がナチュラル系だった

「自分の場合は、取引先の女性を思い切ってデートに誘ったときのギャップ萌えがやばかったですね。プライベートのファッションがナチュラル系でメイクもひかえめ、そしてきわめつけのメガネですよ。

あぁ~かわいい~ってなったよね。普段制服姿しか見てないからか、カッチリした印象だったんで、このギャップには完全にやられた」(28歳男性/営業)

男性は、服装やメイクのギャップにドキドキしてしまうもの。

普段フォーマル系の服を着ている女性がゆるふわ系の服をゆったり着ていたり、清楚系の服を着ていた女性が黒のタイトスカートで艶やかだったりと、普段とのちがいがあればあるほど、ギャップに萌えてしまうのかもしれません。

いま交際中の人も、ときには普段とちがうテイストのファッションをして、彼氏に新しいトキメキを与えてみては?

音痴だった

「会社で忘年会にいったとき、いつもなんでもそつなくこなす先輩女性にマイクがまわった。さぞ歌もうまいんだろうと思ったら、まさかの音痴……。

それでも顔を真っ赤にしながら歌い切る先輩女性がかわいすぎた。たぶんそこにいたみんながギャップ萌えしてたと思う」(26歳男性/営業)

仕事ではミスをひとつも出さないような大人女性が、職場の外で見せる不器用な姿にギャップ萌えする男性は多いようです。

なんでも完璧にこなすよりも、すこし抜け目があった方が親近感が湧くのでしょう。

気になる男性の前では、すこしし気の抜けた自分も出すことで、恋愛モードになるかもしれません!

オンオフの切り替えがすごい

「バイト先の女性の先輩。仕事中は話しかけにくい雰囲気だけど、休憩のときやバイトあがりにはきさくに話しかけてきてくれるのがうれしい。

ギャップがあってかわいいですよね。ひそかに憧れてます」(22歳男性/大学生)

仕事中は仕事モード、仕事外ではリラックスモードと、オンオフを上手に切り替えて、性格のギャップを見せるのもひとつの手。

デキる女モードと気さくなお姉さんモード、スイッチを切り替えて男性を翻弄してみるのもよいでしょう。

自然体でふるまってみて

大人女性のギャップは、ふだん完璧に見える人でも、じつは意外なものが苦手であったり、

職場ではかっちりしたファッションの人がプライベートではゆるふわ系ファッションだったりと、「スキが見える」ことがポイント。

自分でかっこ悪いな、はずかしいなとマイナスに思う部分があっても、たまには隠さず、自然体でふるまってみてもいいのかも。

あなたのギャップに萌える男性は、多いかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)