せっかくデートにきたのに、彼がスマホをいじってばかりで会話ができない……こんな経験はありませんか。

「楽しくないの?」と寂しさや怒りの気持ちが湧いてくることもあるでしょう。

でも、ケンカして気まずい関係になっても、もったいないだけです。

そこで今回は「スマホに夢中になっている彼氏と一緒に、2人の時間を楽しむ方法」を紹介します。

スマホに夢中になっている彼氏と一緒に、2人の時間を楽しむ方法

「見てみて~」と自分のスマホを見せる

「彼女とカフェでお茶してるときに自分のスマホで雑誌を読んでました。そしたら急に『これ見てみて、面白い動画見つけた~』って彼女がスマホ見せてきてくれて。

単にかわいい動物の動画だったんですけど、その後は一緒にそれを見て過ごしました」(27歳男性/美容師)

彼がスマホをいじるなら、いっそのこと自分もスマホを出しちゃいましょう!

2人でシェアできるような面白いコンテンツを見つけたら、彼にも教えてあげてみて。

家で一緒にDVDを観る感覚に近くて、けっこう楽しいかもしれませんよ。

スマホは無視して彼の膝にダイブする

「スマホゲームにハマってます。彼女とのデート中もついついゲームをしちゃってたんですけど、いきなり彼女が膝の上に寝転がってきて『ゲームばっかしてたらもう帰っちゃうからね?』って。ちょっとすねた顔もかわいくて、慌ててスマホはしまいました」(26歳男性/SE)

デート中にスマホに夢中な彼を見ると、スマホを取り上げたくなるかもしれません。

でも、本心は「2人で一緒に過ごしたい」だけなんですよね。

あえてスマホには触れず、いきなり彼の膝に寝転んでしまいましょう。

こんなかわいい彼女、放っておける男性はいません。

「寂しい」と素直に伝える

「デート中もスマホは普通に出してたんですけど、あるとき彼女から深刻そうに『デート中にスマホをいじられると、私といるよりスマホ見てたほうが楽しいのかなって気になってすごく寂しい』と伝えられました。

そんなに寂しい思いさせてるとは気がついてなくて……。それからスマホはいつもカバンにいれてます」(30歳男性/教育関係)

彼があまりにもデート中スマホをいじるクセがあるなら、どこかのタイミングで自分の気持ちを真剣に伝えてみるのも一つの手。

「デート中にスマホをいじるのは失礼!」とか「私のこと好きじゃないんでしょ」のようにケンカ腰になるのではなく、あくまでも「寂しい」という素直な気持ちを伝えてみて。

きっと彼の心にも、響くはずです。

スマホをしまわせよう

デート中ですらスマホを手放せない彼氏に、やきもきしている女性は多いかもしれません。

ケンカするのではなくかわいく甘えながら彼の注意を引いて、スマホをカバンにしまわせちゃいましょう。

(愛カツ編集部)