LINEで距離を縮められれば、次会うときにはもっと仲良くなれますよね。

気になる彼との恋愛を成就させる大きなきっかけにもなるでしょう。

そこで今回は、彼と一気に距離を縮めるLINEテクをご紹介します。

【次会うときまでに仲良くなれる】一気に距離を縮めるLINEテク

おもしろ画像を送る

たまたま撮れたおもしろ写真やネットなどで見つけた笑える動画などをLINEで送り合う。

そんなやりとりは、多くの場合かなり仲のいい友達や彼氏としかしないので、おもしろい写真を送り合う関係性になれたら一気に距離も縮まるはず。

おもしろ系ではなくても、犬や猫の写真や美味しい料理の写真、好きなミュージシャンの動画など、共通の趣味や好きなモノの画像や動画を送り合うのもアリ。

とくに話したい内容がなくても気軽にLINEを送る仲になれたら、他の女性とは違う、特別の存在に思ってくれるでしょう。

たまにタメ口を混ぜる

年上の男性や会社の先輩とLINEをする際には、やはり失礼にならないように注意はするべきです。

とはいえ、ずっと距離を取って業務的な対応をしてしまうと、いつまで経っても2人の仲はよくならないでしょう。

基本的には敬語を使った方がいいですが、そこに少しずつタメ口をおり混ぜたりすると、2人の雰囲気も変わってくるかも。

まずは、「ちょっと!」とか「もう!」なんてツッコミを入れるときや、「えー、うれしいー!」と喜びを表現するときなどにタメ口を使ってみると、かわいらしさを演出できますよ。

同じスタンプをマネして使う

気になる彼があまり見ないスタンプや少し変わったスタンプを使っていたら、「なにそのスタンプ、おもしろいね!」など軽く触れるといいでしょう。

そして、次にLINEを送るときにそれと同じスタンプを使うと、「わざわざ買ってくれたんだ」と男性は喜ぶでしょうし、ちょっとドキッとするはず。

自分の行動をマネされたり、自分と同じ物を持たれたりすると、一気にその女性に親近感が湧くのかもしれません。

また、自分のセンスや価値観を理解してもらえている感じもするので、「この子とはわかり合える」といったイメージも自然と持ってもらえるでしょう。

会う前提の話をする

好きな人とのLINEなら、できるだけ長くやりとりを続けたいと思うのではないでしょうか。

でも、もしかすると男性にとってはダラダラとしたやりとりが苦痛になっているかもしれず、そうすると話への興味も薄れてしまうでしょう。

「詳しくは会って話すね」と言って適度なところで終わりにした方が、話の続きが気になるし、「もう少し話したかった」という気持ちになってもらえます。

LINEで全てを完結してしまうのではなく、続きは会って話すことにすれば、それを口実に一緒に食事に行けたりする可能性もあります。

次会うまでに距離を縮めて♡

LINEを上手に使えば、好きな人と距離を縮められると思います。

気軽に色んなことを話し合えるような仲になれれば、信頼関係も徐々に築いていけるはずですよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)