男性は、本命女性にはなにかと特別扱いをしがちです。

それがわかりやすい行動ならうれしいのですが、人によっては「えっ、あのときのアレが?」と、まったくわからない行動であることも。

今回は、男性の星座別に、本命女性にする特別扱いを占ってみました。

あなたの気になる相手の行動はどうでしょうか?

前編に引き続き後編のご紹介です♡

【後編】男性の星座別♡「本命女性」にする特別扱い

てんびん座(9/23~10/23)

【アドバイスをする】

物腰柔らかなてんびん座の男性。

ファッションセンスと社交センスはズバ抜けていて、周囲からも一目置かれています。

そんなてんびん座の男性がする特別扱いは、得意な「ファッションアドバイス」

「似合ってる」「これ似合いそう」などと連呼して、自分好みの女性にしたいのです。

髪型やネイルなどの細かい変化にも、よく気づいてくれるはずです。

さそり座(10/24~11/21)

【リードする】

さそり座の男性は恋心を隠しがちで物静かに見えますが、心の奥にはとても強い愛情があります。

そのため、本命の女性に対しては自分がリードしようとするのです。

デート先やレストランをしっかり決めておいてくれたり、会話も引っ張ったりしてくれるはず。

女性が迷っていると手を差し伸べるのではなく、手を取って引っ張っていこうとするでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【お姫様扱いをする】

束縛されるのが嫌で、自由気ままに行動しようとするいて座の男性。

でも、本命の女性に対しては別です。

本来持っている火の性質が出て「ここに行かない?」と誘うなど、なんとかふたりきりになりたがろうとします。

そして、ちょっと無理していいお店に行ったり、エスコートしてみたりして、お姫様のように大切に接してくれるでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

【時間を作ってくれる】

堅実なやぎ座の男性は、仕事に精力を注ぎます。

気がない相手には「忙しい」を理由に、会う時間すら作りません。

ただ、本命の女性に対しては別。誠意を見せようとするため、スケジュールをやりくりしてなんとか時間を作ってくれるのです。

また、将来を考えて財布のひもは固めですが、ご馳走してくれたりもするでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【ふたりきりで会う】

異性同性の区別なく人間関係が広い、気さくなみずがめ座の男性。

誰かを特別扱いするのは大の苦手!

そんな水みずがめ座男性が「ふたりきりで会おうとする」のは、本命女性に見せる特別扱いなのです。

また「女性なんだから」といった言葉で気を使うのも、本命だからこそ。

うお座(2/19~3/20)

【男らしい態度で接する】

愛情豊かでロマンチストなうお座の男性。

寂しがり屋なので、本来は女性に甘えさせて欲しいと思う傾向があります。

ただ、本命の女性に対しては別。

男性らしく、いいところを見せようとします。

最近の成功談や、将来の夢や目標を語ることが特別扱いとなるでしょう。

もしかしたら、あなたは本命かも?

女性として大切にされたり、ほかの女性にしないことをしてもらえたりするのが特別扱いと考えがちですが、星座によっては全然違う場合もあります。

「特別扱い」の行動を知っていれば、気になる男性だけでなくとも、あなたに好意があるかないかもわかりますね!

(マーリン瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)