好きな男性と「買い物デート」をするのは、女性からするととても楽しい時間でしょう。

でも、男性はただの苦痛にしかならないケースもあるので、きちんと気遣いを見せることが大事です。

そこで今回は、男性が「買い物デート」で感じる不満について解説していきます。

もう疲れた…男性が「買い物デート」で感じる不満

全部のお店に入ろうとする

たとえば、色んなお店が揃っているショッピングモールなどに行った際に、全てのお店にちょこちょこと入ろうとしたりする女性は多いです。

洋服だけではなく、雑貨や小物、コスメ、調理器具など、興味のあるものがたくさん並んでいるので、単純にテンションもあがるでしょうし、買い物欲も高まったりするのでしょう。

でも、男性からすると、「買う気もないのに、いちいち入らなくてもいいじゃん」と思ってしまうのが本音。

見たいお店に入るのは問題はないですが、自分の行きたいお店ばかりに彼を付き合わせるのはあまりいい行動ではありません。

彼の入りたいお店とのバランスはちゃんと取るようにするべきですよ。

同じ店を何回も見る

男性は買い物をする際も、ある程度は買いたい物や行きたいお店なども決めてあるもの。

ですので、どういったルートでお店を回ろうかということも、多少は頭のなかで計画を立てながら動いたりもします。

でも、女性の買い物は本能や欲求のままに動くことが多く、同じ店に何度も行ったりなど、非合理的なルートであることも多いです。

それでは一緒にいる男性はイライラを募らせるだけ。

なんとなくでいいので、全体の流れを考えつつ買い物ができるようになると、男性のイラ立ちは減らすことができるはずですよ。

「どっちが似合う?」と質問される

女性と一緒に買い物をしていて、男性が最もうっとうしいと感じやすい瞬間が、「どっちがかわいい?」とか「どっちが似合う?」なんて何度も聞かれるとき。

しかも、聞いてきたくせに、自分が気に入っていない方を選んだら機嫌が悪くなったりすると、「だったら聞くなよ」と男性はイラッとするはず。

なんだかまるで自分が試されているかのような気分にもなるので、じつは女性が思っている以上に男性は重く感じる質問でもあります。

自分が買いたいと感じているものを「これ似合うかな?」と聞くのはいいですが、「どっちがいい?」と選択式にするのはあまりオススメできない行動ですよ。

男性を放置して買い物する

女性はやはり買い物が大好きでしょうから、買い物をしているときにはついつい夢中になりすぎる危険性があります。

買い物のことで頭がいっぱいになると、一緒にいる男性に対する気遣いや思いやりが薄れたりもしがち。

何時間も連れ回したり、男性が入りづらいお店にも何軒も行ったり、男性のことを置き去りにしてしまったり……。

そんなことをされたら、男性からするともはや自分への愛情もまったく感じられないので、「この子はもういいや」という気持ちにだってなりかねないですよ。

買い物デートは見極めが必要

基本的には、女性に買い物に付き合うのを苦手に感じる男性はとても多いです。

ふたりで使う物を買いに行ったりするのであればいいですが、個人的な洋服などを買いたい場合は、デートで行くのではなく女友達と行くようにした方がいいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)