女性が「え?それって彼に引かれないの?」と思うような行動でも、実は男性にとっては「大好きな彼女にされるなら平気」というものがあるみたいです。

なかには「OKどころか、むしろウェルカム!」という声もあるようです。

「やらないように気を付けていた……」と心当たりもあるかもしれません。

一緒に見ていきましょう。

「これOKなの?」彼女にされたらむしろ嬉しいこと4つ

「もう少し一緒にいたい」と甘える

「そろそろ帰ろうか」という雰囲気になったとき。

ちょっとスネながら、「もう少し一緒にいたい……」と言われると、男性は「キュン」とくることもあるようです。

ただし、「そんなに俺のこと好きなのか~と嬉しくなる」という意見がある一方で、「余裕があるときならうれしいけど、しつこく言われると……」という意見もあるみたいです。

彼が明日仕事で早いときや本当に疲れているときは、「楽しかった! ありがとう!」と笑顔で感謝を伝えて別れるのがスマートでしょう。

また、「もうちょっと」と長引かせ過ぎないよう気をつけて、彼が喜ぶ範囲で甘えてみましょう。

素直にお願いする

男性の意見に多かったのは、「ハッキリ言ってくれないとわからない」というものでした。

食べたいものやデートに行きたい場所は、「なんでもいいよ」よりも、積極的に主張するほうが喜ばれるようです。

また、少々ワガママなお願いでも、「○○くんにしか頼れない……」と言われると、「しょうがないな」と言いながらも、案外嬉しいなんて場合もあるでしょう。

もちろん「やっといてよ」「当然でしょ」という態度ではなく、思いやりや気遣いが感じられる姿勢が大切といえます。

上手に甘えてみましょう。

ブリっこな態度

女性から見ると、「作っている」「ブリっこしている」という口調や態度を取っていたとしても、案外男性は気づいていないこともあるようです。

あからさまでなければ、むしろ「かわいいな」と思ってしまう場合もあることでしょう。

また、「好きな子にされるとなんだかんだかわいい」「俺の前だけでかわいくいてくれるのは嬉しい」という意見も多数でした。

普段から不思議ちゃんのようにブリブリするのは引かれるかもしれません。

ただ、お願いごとがあるときに「ね? お願い!」と上目遣いをしてみたり、彼とふたりのときだけはちょっとだけ甘え口調にしてみたり。

彼も「キュン」ときちゃうかもしれませんね。

大胆な夜の提案

ズバリ「夜の提案」

実は「逆にアリ」で一番多かった意見はこれでした。

「こんなこと言うと、はしたないと思われちゃう」と遠慮するかもしれませんね。

でも実は男性に聞いてみると、女性からちょっと大胆なプレイを恥じらいながら提案されるのは「むしろ全然ウェルカム!」という声もありました。

あなたから夜の提案を大胆にもしてみると、彼もドキッとしちゃうかもしれませんね。

彼女からの自己主張はうれしいときもある!

男性は女性が思っている以上に、彼女からの自己主張を待っているのかもしれませんね。

大好きな彼女だからこそ、「要望を叶えてあげたい」と思っている男性も少なくないでしょう。

少しくらいのワガママは「逆にアリ!」なようです。

感謝の気持ちを忘れないなど、彼の気持ちを尊重することが大切でしょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)