気になる彼とのLINEが、いつもすぐ終わってしまう……そんなことはありませんか?

ほかにも、話があまり盛り上がらなかったり、終えるタイミングが分からなかったり、気になる彼とのLINEには悩んでしまう人も多いもの。

そこで今回は、LINEを長続きさせるコツをご紹介します!

彼のことがもっと知りたい…!LINEを長続きさせるコツとは?

返信スピードを彼に合わせる

やり取りを長続きさせるには、「温度差を感じさせないこと」がとっても大切。

たとえば時間をかけてLINEを返すことの多い彼に、いつも即レスをすると、男性は温度差を感じて「面倒だな」と感じることがあるよう。

かといって、わざと返信を焦らすのは、彼が脈なしだと勘違いしてしまう可能性もあるのでおすすめしません。

そこで彼が数分で返信したら、自分も数分で返信するなど返信スピードを彼に合わせてみましょう。

すると彼もあまり負担を感じないため、あなたとのLINEを楽しんでくれるはずです!

伝えたいことは簡潔&明確に

いつも長文LINEばかり、または短文の連投ばかりということはありませんか?

こんなLINEは、一つひとつのメッセージをじっくり読みこむ必要があり、疲れてしまう男性もいるよう。

送るときは伝えたいことをひとつに絞って簡潔な内容にまとめると、読みやすいLINEになります。

そうすれば、彼も気軽にLINEをすることができ、やり取りも長続きしやすいでしょう。

送るまえに一度、LINEを読み返してみるのもオススメですよ!

スタンプを上手に使う

スタンプを上手に使う

スタンプは、やり取りを楽しく盛り上げてくれる重要な存在。

ただし、スタンプ連投をうざいと感じる男性も……。

彼がスタンプをあまり使わない人なら、文字だけのやり取りの終わりに「おやすみ」といった内容のスタンプを添える程度が◎。

またユニークなスタンプは、距離が縮まるきっかけになるいっぽうで、やりすぎると引かれる可能性も。彼のキャラクターに合わせるのが良いでしょう。

真面目なインテリタイプの彼には、温度差が出ないよう、かわいいスタンプを時々使うくらいにしてみては?

遅い時間のLINEは翌日に

深夜のLINEは、心理的にも気持ちが盛り上がりやすいもの。

ただその結果、感情的になりやすく、突っ走ってしまう傾向にあるようです。

また規則正しい生活を送っている女性に対し、好印象を受ける男性もいるみたい。

遅い時間の返信は翌日にまわして「ごめんね! 昨日寝ちゃった!」と送ると、自然に次の日もやり取りを続けることができますよ。

彼のLINEに合わせるのがコツ

LINEが盛り上がると、お互いのことを知ることができ自然と距離が縮まります。

そのためには「彼のLINE活用方法に合わせる」という意識を持つと、温度差も生まれにくく距離も縮まるもの。

LINEを上手に活用して、彼ともっと仲良しになってくださいね!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)