「彼女がたまらなくかわいい!」と、男性の気分が上がる言葉があるようです。

それは「好き」だけに限らず、男性の性格によって違ってくるみたいです。

たとえば、しし座の彼は「すごいね」にドキドキするのに対し、いて座の彼は「ゆっくりして」に心が浮き立つなど……。

12星座別に、男性の心を掴むマジックワードを占っていきます。

前編に引き続き、てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)からうお座(2月19日~3月20日生まれ)をご紹介します。

【後編】彼の星座で占う!心を掴むマジックワード

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【上質なものを素直に褒めて】

てんびん座の男性は、上品で優雅なところがあります。

紳士と表現するにふさわしいタイプが多いです。

彼女には、洗練されたオシャレな女性を好むため、下品な言動は苦手。

上質なものの価値を正しく判断して「きれいね」「すばらしい」と賞賛すれば、彼は「この人を彼女に選んで良かった」と誇らしい気分になるでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【あえて重い愛の言葉を】

好きになればとことんのめり込んでいく傾向があるさそり座の彼。

彼女には深く強い愛情を一途に注ぎます。

そんな彼と同じテンションで愛情表現できる彼女には、運命を感じるに違いありません。

「世界で一番好き」「ずっと愛してる」など、やや重めの言葉が彼の心をわしづかみにします。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【シンプルに「好き」】

いて座の男性は湧き上がる感情のままに行動しがち。

理性で恋をコントロールできないので、わかりやすい愛の言葉にドキドキさせられるでしょう。

たとえば、「好き」「ありがとう」といったシンプルな言葉に、心をわしづかみにされるはず。

また、愚痴をこぼさずストレスを溜めがちなところがあるので、「大丈夫?」「気にしないで」「ゆっくりして」など、ホッとできる言葉にも弱いみたい。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【謙虚な一言に感動】

やぎ座は、恋愛を結婚と直結させて考えるタイプ。

女性として色気があるかどうかより、人間としてしっかりしていることを重視しますし、古風で慎ましやかな人を好みます。

そのため、彼氏が残業などでデートをドタキャンしても、「会えないのは残念だけど……仕事が大変そうだね」「私のことはいいから、頑張って」と彼女に言われれば感動するでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【あなただけの言葉で語る】

独特の感性を持ち、理性を見失わないみずがめ座は、甘い愛の言葉に翻弄される人ではありません。

恋人とスイートなおしゃべりをするより、お互いに興味のあることで議論する方が、気分は上がるはず。

しかも、彼女が周りの意見に流されず、「私が個人的に思うのは……」と自分の言葉を紡ぐのを聞けば、心をわしづかみにされるでしょう。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【ドラマチックなセリフを】

ロマンチストなうお座男性は、女性をドキッとさせる言葉を素で言えるタイプ。

豊かな感情を瑞々しい言葉で表現できるんです。

そのため、「あなたがいるだけで最高に幸せ」「あなたは私の宝物」など、ちょっとセリフっぽい言葉が、彼の心をわしづかみにします。

恥ずかしがらず、ドラマの主人公になったつもりで言ってみて!

彼のタイプ別に言葉を選んで!

今回は後編として、さそり座〜うお座の彼が喜ぶ言葉をご紹介しました。

星座ごとに心を掴めるマジックワードは違うので、ぜひ使い分けて見てくださいね。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)