たとえ好きな人とLINEできても、「いつか彼からスルーされるんじゃないか……」と不安になる瞬間ってあるはず。

余裕がなくなると、人ってどうしても空回りしがちです。

必死さが伝わるLINEが逆効果になり、彼が逃げ出してしまうこともあるみたい。

そこで今回は「男性が疲れちゃうLINE」をご紹介します。

いい子っぽいけど、面倒かも…男性が経験した「LINE疲れ」エピソード

即レス

「とある子は俺が連絡すると、すぐに反応してくれます。内容もいつも俺の味方になってくれて、好意的な感じです。
でもそのグイグイ感が、胸焼けするというか……。ちょっと疲れちゃうんですよね」(31歳男性/人事)

彼とLINEできて嬉しいのはわかりますが、「待ってました!」と言わんばかりに即レスするのはビミョー。

「ずっと俺のLINE待っていたのかな?」と男性にプレッシャーを与えるおそれがあります。

返信スピード、内容ともに彼との温度差を感じさせないことが大切。

彼が引き気味だなと感じたら、女性もグイグイいかないほうがいいでしょう。

どうでもいい「こじつけ質問」が多い

「最初は、ちょうどいいやり取りだった子がいたんです。
でも俺が3日間既読スルーしたら、『今日は雨ですね~雨って好きですか?』とか『美容院行ってきました!ショート女子ってどう思いますか?』など、こじつけのような質問を送ってくるようになった。

塩対応してもめげないし、だんだん怖くなってきました……」(27歳男性/営業)

「なにがなんでもLINEを続けたい!」という意思が伝わってくるこちら。

でも質問も、やりすぎるとただの尋問になります。

それにどんなに疑問文を送ろうが、スルーされることだってあります。

下手に質問攻めにするくらいなら、日をあけて再度LINEしたほうが効果的かもしれませんね。

「会いたいね!」と言いつつ、誘われ待ち

「会いたいね!」と言いつつ、誘われ待ち

「『会いたいですね!』と言ってくるのに、絶対に自分からは誘ってこない子がいます。
毎回、そのあと俺から誘ってデートするのですが、だんだんその待ちの姿勢にイラっとしてしまって。

結局、鬱陶しくなってスルーしてしまいました。申し訳ないと思いつつも、気持ちがスッキリしましたね」(25歳男性/事務)

「会いたい!(だからそっちから誘って!)」という、察してほしい態度が見え隠れすると、男性もプレッシャーになります。

「また俺からデートに誘わなきゃいけないの?」と不満が溜まっていくようです。

最初は男性にリードを求めてもいいですが、その後は臨機応変に動きたいですね。

お互いが楽しめるLINEを!

既読スルーをおそれると、ついLINEを続けることが目的になってしまうもの。

でもそうするとLINEがただの義務になり、どんどんつまらなくなります。

彼の返信がまばらならペースを合わせるなど、独りよがりにならず、お互いが楽しめるLINEを目指したいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)