自分では彼とイイ感じだと思っていたのに、なぜか付き合えない……。

こんな経験をした女性も少なくはないでしょう。

こういうときって、「元から好かれていなかったのかな」と思ってしまうこともあるかもしれませんね。

でも好意を感じたのは事実なのですから、意外と「イイ感じ」だったことは本当の可能性もあります。

ただ何らかの理由ですれ違いが生じ、彼に「本命彼女」ができてしまったのかもしれません。

そこで今回は「男性に本命彼女ができてしまったときの言動」について紹介します。

男性に「本命彼女」ができてしまったときの言動3選

何をしたら女性が喜ぶのかリサーチする

「突然『女子って何されたら嬉しいの?』とLINEが来たことがある。
最初は私のためなのかと思って、ドキドキしちゃってたなぁ。
でも本当は、本命彼女のために私に聞いてきてたんだよね……」(29歳女性/会社員)

お互いに好意があったはずの相手に「女子って何したら喜ぶかな?」と質問してくる男性もいるようです。

この場合も「ほかに喜ばせたい女子がいる」とも解釈できます。

「もしかして彼女でもできたの?」と聞いてみても良いでしょう。

急にLINEが来なくなる

「毎日同じ時間にやり取りをしていたのに、急に既読スルーされてしまったんです。
イヤな予感がしていたら、向こうに彼女ができちゃったみたいで……。
もう少し早く告白すべきだったと後悔しました」(27歳女性/接客)

いままで普通に連絡を取り合っていたのに、パッタリ返信が来ない。

しかも恋人のようなLINEのやり取りをしていたのに……。

こんなことがあると、「何かマズいこと言ったかな?」と不安になってしまうでしょう。

でもこの場合、女性側が悪いわけではなく、彼にほかに本命彼女ができた可能性が高いです。

そのなかで彼にしつこくLINEをしても、おそらく返信は来ないか、都合良く利用されてしまうかもしれません。

「タイミングが合わなかったんだな」と思って、この経験を次に生かしたほうが良さそうです。

彼氏を作ることを勧めてくる

「友達以上恋人未満の子がいたんだけど、合コンで知り合った女子と付き合ってしまって……。
なので牽制するために、『早く彼氏作りなよ?(笑)』と言ったことはあるかな」(30歳男性/営業)

自分から「彼女ができた」と言えばいいものの、あえて彼女の存在は隠す男性もいます。

保険をかけたり、本命彼女がダメだったときのことも考えているのかもしれません。

ただしこれ以上女性からアプローチをされるのは面倒くさいため、「あなたのことはもう恋愛対象として見ていないよ」という意味合いを込めて、微妙に上から目線な発言をするようです。

いままでイイ感じだと思っていた彼からいきなり上記の発言をされたら、ほかに本命がいると疑っても良いかもしれませんね。

彼と中途半端に関わるのはよくないかも…

ハッキリと「彼女ができたんだ」と言ってくれればいいのですが、本命女子の存在を隠してあなたを都合よく扱おうとする男性もいます。

少しでも本命女子の存在が感じられたら、中途半端に彼と関わるのはやめたほうが良いかもしれません。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)