女性側は付き合っているつもりでも、ふたを開けてみたら本命彼女がいた……なんてことも少なくないもの。

ずっと彼にだまされていたのかと思うと、やりきれない気持ちになりますよね。

そこで今回は「男性から『都合のいい女』にされているサイン」をご紹介します。

本命じゃないかも…男性から「都合のいい女」扱いされているサイン

やたら実家暮らしなのか気にする

「都合のいい女」とは、夜に会うのが大前提。

そのため門限が厳しそうな上に、家に遊びにいけない。

さらに、もてあそんだことが両親にバレやすい実家暮らしは、一部の男性からすると面倒みたい。

出会った当初から、やたら「ひとり暮らし?」「家はどの辺?」などと聞いてくるようなら、ちょっと警戒したほうがいいかも……。

基本的に本命なら、実家でもひとり暮らしでもどちらでもいいもの。

むしろ「実家だったらセキュリティ的に安心」とプラスに捉えてくれることも。

話が噛み合わず、都合よく解釈しがち

一度言ったことなのに覚えていない、話が噛み合わない場合も要注意。

たとえば「○日俺の家来てよ!」と家デートに誘われたから断ったのに、直前になって「今日何時にうち来れる?」と噛み合わないことを言い出すなど……。

しかもこういう男性に限って、再度断ると「そうなんだ」と急に不機嫌になって、そのままスルーしがち。

ここで嫌われたくないからと彼の言いなりになってしまうと、どんどん利用されてしまいます。

本命の女性に対しては、きっちりデートプランも立てるし、話も聞ききます。

「彼って自分のことしか考えていないな」「私に興味がないんだな」と察したら、もう会わないほうがいいでしょう。

LINEが既読にすらならない

LINEが既読にすらならない

返信どころか何日も未読にならないことが多い……。

この場合も、2番目の女にされている可能性は高いかもしれません。

彼女に見られたらマズいから、あなたの通知をオフにしているのかも。

また既読にならないってことは、遠回しに「興味がない」と言われているようなものですよね。

本命からのLINEはすぐに気が付けるようにしてあるはず。

ましてや、よっぽどの事情がない限り未読スルーにはしないでしょう。

怪しさを感じたらズルズルしないで!

都合のいい女性に対して男性は、ところどころ扱いが雑になりがち。

だからこそ、彼の言葉ではなく行動を見る必要があります。

共通の友人がいるのなら、彼の現状を探ってみるのも方法です。

意外と「アイツ彼女いるよ!」なんて衝撃の事実を聞かされるかもしれません。

「ないがしろにされている」と思ったらズルズルせず、女性のほうからフェードアウトしたいですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)