ちょこちょこLINEは続いているけれど、告白される気配はナシ。

「私ってただの友達なのかな……」と心配になりますよね。

彼の気持ちを知るためにも、男性が本命女性へ送るLINEの傾向をつかんでおくことは、大事かもしれません。

そこで今回は「本命へのLINEスタイル」をご紹介します。

脈あり確定!男性が思わず送っちゃう「本命LINE」

寝る前にLINEが送られてくる

「基本LINEが苦手なのですが、本命の子だけは別。とくに寝る前のLINEが癒やしになっています。
逆に興味がない子のLINEは、『面倒だしいっか』とスルーしがちです」(27歳男性/接客)

寝る直前のリラックスタイムに、本命の子を思い出す人が多いよう。

そのためどんなに多忙だったとしても、1日の終わりのLINEが日課になっているようです。

もし既読スルーが何日も続くようなら……。

悲しいですが、彼の中での優先順位は低いのかも。

返信を待ちつつも、次の恋も視野に入れたほうがよさそうです。

休日になるとLINEが増える

「平日は忙しいのであまりLINEできないですが、休みは時間に余裕があります。
『いま、なにしてるの?』『俺は休みで1日家にいるんだ』など、結構マメにLINEしますね」(32歳男性/事務)

休日は時間と気持ちに余裕があるので、自然と本命の子を思い出すよう。

そのため返信率がアップしやすいみたい。

逆に平日はマメに返信がくるのに、休日になるとパッタリ……という場合は少し怪しいかも。

本命彼女や奥さんがいる可能性も、ゼロではないかもしれません。

話が終わっても、また連絡がくる

話が終わっても、また連絡がくる

「本命の子とのLINEってやっぱり楽しいんですよね。
なので『おやすみ』と一区切りついたとしても、また数日後にこっちから『元気?』とかLINEしちゃいます」(26歳男性/SE)

LINEで、話の流れが途切れたにもかかわらず、またすぐに彼から連絡がくる場合。

あなたともっと話したいサインなので、脈あり度はかなり高いといえそう。

彼の熱が冷めないうちに、一度デートしてみるのはアリかも。

彼が好意を持っているからこそ、交際にたどりつきやすいですよ。

よく電話をかけてくる・電話に出てくれる

「好きな子には自分から電話したり、『リモート飲みしない?』って誘ったりしますね。
それ以外の子だと、電話がかかってきても出ない。LINEで『ごめん仕事だった』って返して終わりです」(33歳男性/営業)

LINEよりもハードルが高い電話は、好きな子限定との意見も。

彼との電話やリモート飲みが日常となっている人は、特別扱いされていると思ってもいいのかもしれません。

ただし女性が友達感を醸してしまうと、脈なしと勘違いした彼が諦めてしまう可能性があります。

「○○くんから電話がきて嬉しい!」「こうやって電話するのは○○くんだけ」など、女性もさりげなくアプローチをしたほうがよさそうですね。

LINEからも本気度ってわかる!

時間帯や返信頻度など、LINEからも本気度ってにじみ出るもの。

ぜひ彼のLINEスタイルと照らし合わせて、脈あり度を確かめてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)