男性の中には、女性の心は複雑で、理解しにくいと感じている人もいます。

なので、好きなのか嫌いなのか、どっち?と惑わせるような長文よりも、わかりやすい短文のほうが好まれる傾向にあるようです。

返信もしやすく、軽く受け止められるLINEなら、彼からの好感度もアップ! あなたの普段のLINEとぜひくらべてみてください。

男性心理をもとに解説!モテる女性の「LINEの特徴」とは?

「○○やってるよ」TV番組を共有

彼が好きなものを扱っている番組や、おすすめの映画などをテレビやっていたら、LINEで教えてあげるのも、共感のきっかけに。

ただし、見てほしいからといって、強すぎるアピールはNG。日常のちょっとした「面白い情報」をさらっと流す。その程度のLINEがちょうどいいのです。

シンプルな情報提供のほうが、「へ~そうなんだ」「おっ、それよさそう」と、気軽に思えるもの。

そのうち、身構えなくても楽しくいられる関係になれるかもしれません。

心配は「今日大丈夫だった?」

「今日はなんだか彼の様子が疲れていそう、しんどそう」そう感じたときは、心配してしまいますね。

失敗が多かったり、ミスをして怒られたりしているのを見ると、つい慰めてあげたくなるかもしれません。

でも「弱いもの」「保護すべきもの」として扱われるのを、嫌がる男性も多々。

こういうときも、シンプルに「大丈夫だった?」でOKです。

心配されること自体は嬉しい男性が多いので、このシンプルなセリフだけで好感度UP。彼が聞いてほしい話をはじめたら、そこではじめて、具体的な心配を伝えましょう。

「見て!」共感から会話に

動物でも、物でも、赤ちゃんでもかいいでしょう。なにか「かわいいもの」を送ってみませんか?

ただし、自分の感想を長々と送ったり、写っているものの説明したりするのはNG。

シンプルに「見て!」と送って、相手の感想を待ちましょう。

「かわいいな、コレ」と帰ってきたら、シンプルに「でしょ!」と、共感の気持ちを送るのです。

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、男性にはコレで十分。

基本はシンプルな共感だけのほうが、男性にとっては気軽に会話できるんです。

相手が「俺も〇〇が好きでさ~」など、話題を展開して来たら、それに合わせて話を盛り上げてみてくださいね。

サクッとお誘い「明日暇?」

いざデートに誘おうとすると、恥ずかしさを隠すあまり、長文になってしまいがち。

「あの……、〇日空いてるかな?実は、〇〇で〇〇があって……」などなど、いろいろと詰め込んで文が長くなるほど、気持ちが重く伝わってしまいます。

シンプルに「〇〇あるんだけど、行かない?」「昨日言ってた〇〇、明日休みだし行こうよ」くらいが◎

友達のように誘ってくれるほうが、男性にとっては行きやすいのです。

異性として、特別な雰囲気や関係になるかは、会って初めてわかるものなのですから。

シンプルが一番!

伝えたい思いが多ければ多いほど、好きであれば好きであるほど、恥ずかしさを隠そうと文字が多くなりがちです。

でも、短文のほうが、男性にとっては気軽に好意を受け取れるもの。

〇〇したい、してあげたい。その根本の気持ちを、そのまま伝えるよう意識していきましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)