職場での出会いが恋愛や結婚につながる場合も少なくないでしょう。

となると、男子が職場でどのような場面で「この子と付き合いたい!」と思うのか気になるかもしれませんね。

今回は、男子の体験談をもとに、男子が「この子と付き合いたい!」と思う瞬間3選を紹介します。

職場でドキッ!男子が「この子と付き合いたい!」と思う瞬間3選

成果を評価してくれたとき

「仕事で大きい契約が取れたとき、『すごいね!おつかれさま!』と声をかけてくれた同僚女性に惹かれてた
単純に褒められたのも嬉しかったし、いつも見ててくれたのかな?って思うと、こういう子と付き合ったら癒されそうだなって……」(26歳男性/不動産)

仕事を頑張っている男子にとって、仕事で成功したときにすかさず評価してくれる相手への好感度はグンとあがるみたいです。

気になる職場の男性が仕事でひと段落ついたときには、勇気を出して「今日もおつかれさまです!」と一言声をかけてみても良いでしょう。

小さなお菓子などにメモを添えて彼のデスクに置いても可愛いかもしれませんね。

仕事での頑張りを見ててくれたと、彼の恋愛スイッチがオンになったりして……?

自分にだけに悩み相談してくれたとき

「きっちり仕事をこなしてて、会社内での人間関係も良好に見える後輩ちゃん。
実は家庭環境での悩みがあるらしくて、飲み会の2次会で俺にだけ悩みを打ち明けてくれて……。
なんかもう『この子を守らねば』って交際を意識しましたね」(30歳男性/銀行)

仕事がデキる女性ほど、私生活でも悩みなんかないように見えるかもしれません。

普段泣き言を言わないような女性から、こっそり悩みを打ち明けられたら、「俺だけ特別に頼ってもらっている!」とうれしくなってしまうでしょう。

職場で好きな男性には、弱みを見せることもひとつの手といえるでしょう。

限定のお菓子をくれたとき

「男って単純なんですよ。小学生の頃から社会人に至るまで、女の子からの差し入れは大好き。
『ありがとう』ってクールを演じるときもある」(26歳男性/マスコミ)

「これ、あまりものだから(笑)」と義理をにおわせるときもあると思います。

そんなとき、意中の男性には全員の前で渡さず廊下ですれ違ったときにこっそり渡したり、2人きりの場所でさりげなく行われるお菓子作戦です。

ベタな方法かもしれませんが、アプローチしてみても良いでしょう。
じょ

職場の男性に効果的にアプローチしましょう

男子が職場で「この子と付き合いたい!」と思う瞬間は、仕事などで成功したとき、残業しているときなど、普段の職場での過ごし方と密接にあるようです。

気になる男性には、効果的に話しかけてみても良いでしょう。

(愛カツ編集部)