好きな人とのキスは、ドキドキしますよね。

でも「キスだけじゃ物足りない!」と思っている男性もいるみたい。

では男性がもっとドキドキする「キス+仕草」とは、どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、精神科である筆者が、男性目線からの分析をご紹介いたします。

もうたまらんっ…!男性がドキドキする「キス+仕草」とは

勢いよく抱きつく

「キスだけじゃ足りない」という気持ちをこめて、彼にぎゅっと抱きついてみましょう。

そこで可憐なかわいさを見せるには、勢いよく抱きつくこと。

ゆっくりと抱きつくと、かわいさよりもセクシーさを強調してしまいかねません。

勢いよくぎゅっと抱きつくことで、彼への好意も伝わりやすいうえ、体同士が密着することで男性はドキッとしてしまうもの。

もちろん、シチュエーションによっては焦らすように抱きつくのもOK!

かわいいと、セクシーを使い分けてみましょう。

恥ずかしそうに笑う

恥ずかしそうにしている男性を見ると、男性は興奮することがあるようです。

キスするときだって、これは同じ。

恥ずかしがる女性の「奥ゆかしさ」に、魅力を感じるのかもしれませんね。

ちなみにこの「奥ゆかしい」という言葉、古語では「もっと奥をのぞきたい」という意味だそう。

そのため、恥ずかしそうにする様子を見た男性は、「この子のことを、もっとよく知りたい!」と思うのかもしれませんね。

彼の両頬に手を添える

彼の両頬に手を添える

体同士が触れ合うスキンシップは、それだけでドキドキするものですよね。

もちろんキスだけでもいいのですが、彼の両頬に手を添えるとさらに効果的。

キスも深くなりますし、予想もしていなかった行動に彼はびっくりするはず。

その「驚き」により心拍数が上がり、無意識のうちにドキドキが加速するでしょう。

もう一度、触れるようなキス

「追いLINE」ならぬ「追いキス」。

キスのあと、男性が油断しているときに追撃するのです。

そうすれば、「もっとあなたと触れていたい」という気持ちを、言葉にせずとも彼に伝えることができます。

そんなあなたを見て、彼はキスのその先を想像してドキドキしてしまうはず。

彼をもっとドキドキさせよう!

キスにひと手間加えるだけで、彼のドキドキは急上昇!

「こんなかわいい女の子、手放したくない……!」と感じてくれるはず。

少しずつ実践して、彼との関係をもっと深めてみてくださいね。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)