年下男性のことを好きになったとき、彼より自分のほうが年上だから……なんて、あきらめないで!

年上女性だからこその魅力で、彼をときめかせてみませんか?

そこで今回は、男性に「年上女性にときめいたエピソード」を聞いてみました。

年上お姉さんの魅力を身につけたい女性は、必見です!

こんな「年上お姉さん」にキュンです…!年下男性がときめいたエピソード4選

1. しっかり者なのに流行りに疎い

「バリバリ仕事できる人だから、ぜんぜん世間知らずってワケじゃないのに、『SNSはよく分からなくてできない……』と恥ずかしそうに言われて、ハートを撃ち抜かれました」(27歳男性/経理)

なんでも知っていて隙がない女性よりも、ちょっぴり抜けているくらいのほうが◎。

「知らないと恥ずかしいから……」と無理をするよりも、気になる彼にこっそり聞いたほうが、男性は頼られて嬉しく感じるようですよ。

2. 包容力がある

「職場の先輩に憧れているんですけど、失敗をしても『しょうがないな』と許してくれます。しかも、いつも絶妙のタイミングでさりげなく助けてくれて……。
とにかく優しくて心が広いので、甘えたくなっちゃいますよね」(26歳男性/営業)

包容力のある女性になるコツは「相手に期待しすぎないこと」です。

失敗を想定していれば、トラブルがあっても相手を責めずに済みますし、サッと相手をフォローすることもできるでしょう。

それに、年下男性が頑張る様子を見て、ついいろんなことを許せちゃうものです。

3. 甘えてくれる

「普段はしっかり者の女性が、困ったときに『お願いできる?』『ごめんね、甘えていい?』と甘えてくれると、ギャップにやられる」(30歳男性/製造)

年下男性の前で、「年上なんだから、全部自分でやらなければ……!」なんて思っていませんか?

しかし年下とはいえ、男性は頼りにしてもらうと嬉しく感じる人が多いようですよ。

自分のできることは自分で、苦手なことは頼る、というバランスが大切。

相手の力量を見極めて、うまくお願いできるのも、経験豊富な年上女性ならではのテクニックです。

4. 胃袋をつかむ

「職場の先輩から『おしゃれじゃなくてごめんね』と言いながら、炊き込みご飯のおにぎりをもらったことがあります。
これがめちゃくちゃ美味しくて!きっとほかの料理もうまいんだろうなと想像してしまいましたね」(31歳男性/営業)

年上というだけで、男性は「母性」を求めることがあるよう。

見た目やチョイスが地味だとしても、大事なのはその味。

華やかでなくても大丈夫。男性がほっこりする「家庭の味」を極めてみて!

5. フェロモンがある

「若い子は、ミニスカートとか谷間とか、露出で勝負!みたいなところがある気がする。
でも僕は、お姉さんならではの、まとめた髪をおろした瞬間のいい匂いや、ぴったり系のパンツスタイルから想像できる身体のラインなんかにドキドキします」 (29歳男性/営業)

隠されると見たくなるのが、男性の心理なのかもしれませんね。

若い子が選ばないシンプルな服を、いかにフェロモンたっぷりに着こなすかが勝負。

下着にこだわったり、ぴったりとゆったりのメリハリをつけたり、「ラインの魅せ方」を追求していきましょう!

お姉さんならではの魅力で勝負!

男性がときめく年上女性に共通するのは、無理して若さで張り合おうとはしていない点です。

気になる彼が若いからと、自分から若さをアピールする必要はありません。

むしろ、年上のお姉さんは、若い子にはできないアプローチができるのですから。

戦略と武器をじっくり考えて、彼をあなたのトリコにしてしまいましょう!

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)