付き合ってみないとわからない、彼の「裏の顔」

えっ、じつはこんな人だったの?こんな顔があったなんて想像もしなかった……など、人は誰しも驚きの一面があるはず。

そこで今回は、男性の星座別に「裏の顔」を占ってみました。

前編に引き続き、後編のご紹介です♡

【後編】男性の星座で占う!彼の「裏の顔」って?

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【自分大好き】

てんびん座男性は、バランス感覚にすぐれた客観性の持ち主。

基本的にクールなので、駆け引きがうまく、好きな女性のことも冷静に見つめられるはず。

ただ、自分のことについては視野が狭くなりがちで、「ナルシスト」という裏の顔を持つでしょう。

本人は自覚しないかもしれませんが、つねに、「俺、カッコいい」と思っているかも。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【どうでもいいものには塩対応】

さそり座男性は、好きな女性に一途。

彼女が面食らうほど、情熱的な愛を注ぐタイプです。

でも、好きなものはフォルダ分けするようなところがあり、のめり込むのは彼女だけじゃないはず。

仕事や趣味に没頭すれば、意外にも「素っ気ない」という裏の顔が出てくるでしょう。

ずっとベタ甘だったのに、仕事に夢中になるとLINEもままならない……ということがあるのかも。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【哲学的】

奔放で明るい、いて座男性は、あっけらかんとしていて深刻な表情をあまり見せないはず。

けれど、家にひとりでいるようなときは、「哲学的な思考にハマる」という裏の顔が出てくるでしょう。

意外なほど深い一面を持っているので、彼女として付き合えば驚くかもしれません。

素の自分を見せられるほど親密な仲になると、「命についてどう思う?」なんて壮大なテーマを語り出し、びっくりしちゃうことも。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【意外にかわいい】

やぎ座男性は、落ち着いていてマジメで、いつも冷静で……という隙のないタイプ。

でも、付き合いの長い彼女には、「おちゃめ」という裏の顔を見せることがあります。

じつはミーハーだったり、見た目とはギャップがある趣味を持っていたりと、「え、そんなかわいらしい一面があるの?」と驚くはず。

本人は恥ずかしがってあまり見せないかもしれませんが、カタブツなやぎ座彼氏の意外な一面だといえます。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【小心者】

みずがめ座男性は、個性的で自由だったり、物事を達観していたりと、つねに自己流で周りの目をあまり気にしないタイプ。

彼女として付き合っても、圧倒されることが少なくないかもしれません。

でもみずがめ座彼氏は、「自己評価が低い」という裏の顔を持っているでしょう。

自信家に見えて本当は迷いが多く、自分自答することもしばしば。

そんな思いがけない弱さを、彼は彼女だけにこっそり見せるはずです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【頑固者】

柔和なうお座男性は、どこか女性的なところがあって、ともすれば気弱キャラに見られがち。

男気というものは、あまり感じられないタイプでしょう。

でも、じつは彼には、「頑固」という裏の顔があるのです。

絶対に譲れないところに関しては、岩のように動かないはず。

大抵は「いいよいいよ」と執着しないけれど、ポリシーのある部分だけは、静かに固い意志をつらぬくでしょう。

人には裏の顔がある!

付き合う前はぜんぜんそんな素振り見せなかったのに!という彼の「裏の顔」

誰でもそんな意外な一面を持っているものです。

気になる彼にも裏の顔はあるかも?

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)