LINEはもはや欠かせないツールと言っても過言ではありません。

関係を構築していくうえでも、大切なものになってきていると思いませんか?

もちろん、それは例外ではないでしょう。

そこで、12星座別・LINEの特徴を見ていきましょう。

前編はこちらです!

【後編】彼の12星座別・LINEの特徴はコレ!彼はマメ?LINE不精?

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

【さりげなく告白をしてくる】

恋上手が多いてんびん座は、LINEでさまざまな表情を見せてくれそうです。

気のある女性に、思わずドキッとさせる言葉をサラリと送るのも朝飯前かも。

付き合っていればプチ告白は日常茶飯事ですし、彼女としては、「コレ保存しておきたい」というトークも多いでしょう。

ただ、駆け引き上手なので、たまに沈黙することもありそうです。

わざと既読スルーして、相手のリアクションを見る場合もあります。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

【質問LINE多め】

慎重派な要素を持つさそり座の男性は、好きな女性へのLINEは質問が多めのようです。

好きな人を知りたい気持ちが強く、自分語りが苦手なため、質問攻めにしてしまうことも。

また、付き合いたいと考える女性に対しては、気持ちを探るLINEも多いでしょう。

「それどういう意味?」と感じる謎メッセージが送られてきたら、遠回しに「俺のこと、どう思ってる?」と聞いている可能性もありますよ。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

【ギャップを見せてくる】

いて座男性は、あっけらかんとしているように見えて、LINEでは意外に奥深い一面を見せるかも。

予想もしなかった趣味を明かしたり、哲学的なことを語ったりと、LINEをやり取りしなければ見えてこない「顔」があるかもしれません。

また、告白は「とりあえずLINEでもいいか」と思っているとも考えられるので、あっさり「好き」と送るいて座の男性もいるようです。

本気なのか、気まぐれなのかと、女子は翻弄されるかもしれません。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

【LINEはあくまでも連絡手段】

シャイな部分もあるやぎ座の男性は、LINEでも本性が見えにくいかもしれません。

用件のみの素っ気ない文面が多く、実は好きと思っていても、その気配はゼロの可能性もあります。

また、LINEを連絡ツールと見なす堅いところもあるやぎ座の男性は、気軽におしゃべりするようなトークはしないでしょう。

マジメなので既読スルーはしないでしょうが、用事がなければ、向こうからLINEしてくることはないのかも。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

【LINEの頻度は気まぐれ】

自由人な部分も持つみずがめ座の男性は、ポンポン短文を送ることもあれば、既読スルーばかりの時もあって気まぐれかもしれません。

基本的にはリズミカルにやり取りをするタイプですが、自分都合で返信するため、忙しければ放置が多くなる場合も。

また、「シェアしなければ」と思うことがあると、一方的に情報を送ってきたり、自分の意見だけを突然にLINEしたりしそう。

受けとった側は、「いったい何の話?」と首をかしげても、水瓶座男性は「ためになるLINEをしてあげた」と一人で満足するようです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

【女の子のLINE】

うお座の男性は、女の子っぽい感覚もあるので、LINEもマメな傾向にあるかもしれません。

口頭で話すよりも饒舌になる場合もあるでしょう。

本気で好きな女性には、自分の気持ちをあまり隠さずに送ってくることも。

いきなり告白はしないにしても、恋心がわかる文面、スタンプが多いかもしれません。

ただ、ポワンとしたところがあるうお座なので、うっかり既読スルーもしばしば。あまり深読みしなくていいでしょう。

駆け引きは苦手なタイプですから、「返信しようとして、そのまま寝ちゃったー」という言い訳は信じてOKと言って良いかもしれません。

彼のLINEはどんなタイプ?

あなたが気になっている彼は、どんなタイプでしたか?

性格によってLINEの使い方もさまざま。既読スルーや一見冷たく感じるような文面も、彼にとっては特別深い意味はないのかも。

取り越し苦労にならないように、彼のLINEの特徴を観察して、把握しておきましょう!

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)