世の中には、とても仲のよいカップルが存在します。

そんな相性バツグンの「究極の仲よしカップル」を干支から占ってみました。

ランキング形式でご紹介いたします。まずは10位からチェックしてみてください。

【TOP10】干支で占う!「究極の仲良し」相性抜群カップル

【10位】亥(いのしし)年の男性×午(うま)年の女性

……ケンカも多いけれどすぐ仲直り

どちらも思ったことをすぐ口にするタイプなだけに、バトルは日常茶飯事。

でも、お互い引きずらない性格のため、翌日になればケロッと仲直りしています。

ケンカするほど仲がいいとは、まさに2人のためにあるような言葉です。

【9位】寅(とら)年の男性×申(さる)年の女性

……楽しくて疲れ知らず

明るくて楽しいことが大好きな2人。

お互い忙しくても、そのすき間を縫ってイベントやコンサートに繰り出したり、旅行に出かけたりするでしょう。

ずっと一緒にいても不思議と疲れないのは、相性がバツグンにいいからこそです。

【8位】丑(うし)年の男性×酉(とり)年の女性

堅実な丑(うし)年生まれの男性と、おしゃれで華のある酉(とり)年生まれの女性。

キャラが違うように見えるけれど、センスがよくて目立つ彼女は、彼にとって自慢の恋人みたい。

同様にどっしり構えた彼は、意外にチキンハートな彼女の心の支えでもあるのです。

【7位】卯(うさぎ)年の男性×亥(いのしし)年の女性

……言葉を発しなくても通じ合える

良くも悪くも思い込みが激しい亥(いのしし)年生まれの女性は、成功の数と同じぐらい失敗することも多いタイプです。

そんな彼女を、臨機応変にフォローできる卯(うさぎ)年生まれの男性はまさに息ピッタリのベストパートナー!

あうんの呼吸でつながっている究極のベストカップルと言えそう。

【6位】辰(たつ)年の男性×子(ねずみ)年の女性

……離れていても信じあえる

仕事好きで、バリバリ働く辰(たつ)年生まれの男性にとって、恋愛や彼女は二の次になりがちかも。

放置されることも多いけれど、趣味が多彩で友達の多い子(ねずみ)年生まれの女性は、寂しがるどころか自分の時間を楽しんでいそう。

デートできたときはすごく盛り上がるし、離れていても不思議と繋がっていると信じられる関係です。

【5位】午(うま)年の男性×未(ひつじ)年の女性

……わがままな彼の世話を焼くのが意外に楽しい

子どもみたいに無邪気で自己中なところがある午(うま)年生まれの男性と、優しく気立てのいい未(ひつじ)年生まれの女性。

わがままに手を焼きながらも、甘えられると嬉しくなるし、彼もまたそんな女性を頼りにしていそう。

【4位】酉(とり)年の男性×辰(たつ)年の女性

……互いにリスペクトして高め合える

自立している2人は、ベタベタしませんが、顔をあわせると、いろいろなテーマについて話し合います。

あまりに話が弾んで、気づいたら朝なんてこともあるかもしれません。

適度に距離を保ちながら、互いをリスペクトし合って高めていける……それがこの仲良しコンビの特徴でしょう。

【3位】戌(いぬ)年の男性×卯(うさぎ)年の女性

……悩みや不安を打ち明け合える

戌(いぬ)年生まれの男性は、誠実だけれど、少し融通が利かないところがあるようです。

頑固なせいで女性ウケはイマイチですが、いつも自然体の卯(うさぎ)年生まれの女性とは、不思議と気が合うでしょう。

一緒にいるとどちらも素直になれて、悩みや不安を打ち明け合う仲に。

【2位】申(さる)年の男性×巳(へび)年の女性

……根っこの部分が似ている

陽気でおしゃべり好きな申(さる)年生まれの男性と、控え目で用心深い巳(へび)年生まれの女性。

水と油のような2人とはいえ、実は好きな食べ物や趣味など、根っこのところで似ている部分がたくさんあるみたい。

だからこそチグハグに見えてすごく波長が合うし、ケンカしたことがないぐらい仲がいいのです。

【1位】子(ねずみ)年の男性×丑(うし)年の女性

……違いを楽しめるニコニコカップル

出会ったときから、懐かしく感じたり、ホッとしたり、不思議なつながりを感じるのがこの組み合わせです。

お互い行動ペースや価値観は異なりますが、ケンカになってもおかしくないぐらいの大きな違いやトラブルさえ面白可笑しく思えてしまうのが、2人の強み。

一緒にいるととにかく楽しく、笑いのたえないカップルでしょう。

運命の相手かも

性格や価値観はもちろん、生まれ育った環境など全く違う2人でも、驚くほど気が合うカップルは意外といるもの。

それこそ運命の恋人と言ってもいいのかもしれませんね。

あなたにとっての究極のお相手探しに、この記事が役立ってくれますように。

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)