彼が好きだと、一挙一動を真に受けてしまいがち。

でもそこに愛情がふくまれているかは、女性側がしっかりジャッジする必要があるでしょう。

そこで今回は「男性が本命女性にはやらないこと」をご紹介します。

単純だけど当たり前!男性が本命女性にはやらないこと3つ

1.社交辞令

「興味がなくても、その場の雰囲気で社交辞令って言いがちだよね。もう会う気はないのに『また飲みに行こう』とか言っちゃうこともある。
でも本命女性に嘘はつかないですね。もちろんデートの約束をしたらすぐ実行しますよ」(32歳男性/営業)

言葉より行動とは、まさにこのこと。

気になる彼から「今度会おうよ!」と言われたら期待してしまいますが、進展がないならそれが答えだと思ったほうがいいかも。

ここでしつこくLINEしてしまうと、連絡先をブロックされてしまうかもしれません。

彼一筋にならず、別の恋にも目を向けたほうがいいでしょう。

2.仕事や趣味、好みへのダメ出し

「いままでの恋愛は、どちらかというと相手の欠点ばかりに目がいっていた気がする。
『仕事は正社員じゃないと……』『アイドル好きは苦手』など、ダメ出しみたいなことをしていました。

だけど今カノは交際前から、全部がかわいくてたまらなかったというか。
だから『これはムリだな』と思うことがひとつもなかったんですよね」(29歳男性/スポーツインストラクター)

非常識なことであれば話は別ですが、基本的に本命女性にダメ出しはしないもの。

そんなことで嫌われたくないし、いまの姿が好きだからこそ、そもそも否定する要素がないようです。

もし意見を言う場合も、あなたの話を聞きつつ寄り添ってくれるでしょう。

間違っても「○○ちゃんのためを思って~」なんて押し付けはしませんよ。

3.お酒の勢いでの告白やキス

3. お酒の勢いでの告白やキス

「本命女性に誤解されるのはイヤなので、酔って告白はしないですね。
そういう大事なことは、きちんとムードを考えてから言いたいです」(28歳男性/SE)

「先輩から飲みの席で『○○ちゃんってかわいいよね~』と言われました。
てっきり両思いかと思ったのですが、じつは彼女がいると発覚。私はただ遊ばれただけでした……」(25歳女性/一般事務)

たとえお酒の勢いでも、好きな人から告白されたら嬉しいもの。

でもそれが彼の本心かと問われるとビミョー。

ただ楽しくなってしまっただけで、次の日になったら覚えていないかも……。

百歩譲って酔った状態で告白しても、本当にあなたが好きなら日を改めて気持ちを伝えてくれますよ。

本命女性には、わかりやすくゾッコンになる!

世の中にはいろいろな駆け引きがありますが、本命女性にはそんなの忘れるくらいゾッコンになるよう。

とにかく嫌われるのだけは避けたいので、基本的にはドタキャンや否定はしないようです。

彼の言葉だけでなく、行動を見ていればきっと本心が見えてきますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)