気になる彼の「彼女」になりたい!

その願いを実現させる女性たちは、気になる男性のテリトリーに入り込むのが上手です。

今回は、そんな女性たちが実践しているテクニックをご紹介します。

最初にやるべき行動は?好きな人の「彼女」になる方法

彼の好きなものを把握する

気になる男性のテリトリーに自然と入る女性は、彼の好きなものを把握しています。

たとえば「〇〇くんは、どういう映画見る?」とジャンルを絞って聞いてみる。

この質問は、「〇〇くんはなにが好き?」と聞くより、男性にとって答えやすいものです。

彼の好きなものを把握したら、次は、「この前おすすめ見たよ!よかったからまた〇〇くんのおすすめ知りたいな」と伝えます。

いきなり好きなものなんて聞けないという場合は、テレビやネットで見れる映画をチェックするのもおすすめです。

「あの映画、今度配信されるけど見る?」

もしも、見ない、興味がないといわれた場合も「じゃあ、いつも何してるの?何が好き?」とサッと言えるようにしておきましょう。

男性は話を聞いてくれる女性に心を開くので、彼との一体感を意識するといいかもしれません。

彼と同じ趣味やものを持つ

たとえば彼がスノボ好きの場合。

「私もやってみたい」と言ってみましょう。

もしも彼の気がないと「教えていくのが面倒くさい」となるかもしれません。

そんなときは、周りの友人たちを巻き込んでスノボに誘うのもありです!

そのときにさりげなく、友人たちに「あの人いいな」といっておくと周りが勝手にうまく誘導してくれたりします。

周りからの協力が得にくい場合は、彼の持ち物をチェックして。

同じものや、同じブランドの製品を買って親近感を出す方法もあります。

彼と同じものを持っていたら、「同じだね」から次は「おすすめある?」と、突っ込んで聞いてみて。

そんなやり取りができたら、彼も「同じものが好きなんだ」と親近感を持ってくれます。

少し面倒だと感じても、行動を起こすことがもっとも大切です。

好きなものを聞かれた時点で…

「何が好き?」と聞かれたら、勘のいい男性なら相手からの好意に気づきます。

興味がない人の好きなものなんて、絶対興味ないですから。

たとえ好きバレしても、深く気にしすぎないようにしましょう。

少し恥ずかしがるくらいがちょうどいいかもしれません。

きっかけを生み出せたら◎

彼と仲良くなれるきっかけを作れたら、デートを提案したり、ボディタッチをしてみたりするなど、少しずつ仲良くなっていきましょう。

急に告白されるよりも、少しずつ好意を出した方が、今後の交際を考えるうえでもベストです。

仲良くなって「彼の中の私の居場所」をガッチリ確保しましょう!

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)