付き合っている彼との結婚が見えてきたら、今後の結婚生活のために少しずつ辞めていった方がいいことがあります。

今まで彼の心を掴むために頑張ってきたことが、結婚したあとは裏目に出ることもあるからです。

これから運命共同体ですし、そこには日常が横たわっているので、いつまでもいい顔ばかりしていられません。

そこで今回は、結婚にあたり、「絶対にやってはいけないこと」を3つご紹介します。

幸せな結婚生活を送りたいなら…絶対にやってはいけない3つのこと

彼の意見に従う

恋愛時代は彼の考えばかりに従っていた人も、結婚が見えてきたらそれはやめましょう。

2人で家庭を作っていくのに、彼の意見ばかりではうまくいきません。

また、あなたもずっと彼に従ってばかりいるとストレスがたまってしまい、結婚生活が楽しくないでしょう。

あなたも自分の意見を主張するようにして、2人で新しい家庭を作っていきましょう。

彼の世話を焼きすぎる

恋愛時代、レストランに行けばコートを脱ぐのを手伝ったり、料理を取り分けてあげたり、まるで秘書のように細々と世話を焼いていた人は多いのではないでしょうか?

彼にあれこれ世話を焼いていた人は、徐々にその態度を出さないようにしましょう。

結婚したら自分のことは自分でやってもらわなければなりません。

そうでないと、子供でも生まれたら、あなたの苦労は倍になります。

子供の世話も共同で見てもらいたいと思うなら、なおさら彼に自分のことは自分でやってもらわなくてはいけませんからね。

たくさん尽くす

同じように、恋愛時代に彼に尽くしていた人は、彼に尽くすのをやめましょう。

彼がご飯がいいのか、パンがいいのかわからないから2種類用意する、というような行為をです。

あまりに彼に尽くしてばかりいると、彼は自分が王様のような気分になってしまいます。

王様のような気分になれば、あなたが彼のために尽くすのは当然と思いますし、威張っていればいいと思ってしまいます。

彼を王様にしてしまうと結婚生活で苦労しますよ。

結婚と恋愛は違う

恋愛時代と結婚生活はカップルも求められているものが違います。

なんでもかんでも彼を優先させていたら、あとから苦労することが目に見えていますよ。

結婚が見えてきたら、徐々に結婚生活に向けてシフトしていきましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)