気になる彼とお付き合いを始めても、愛情が感じられず、相手のことも信用できない。

そんな関係では、長く交際するのは難しいでしょう。

長続きするカップルは、しっかりと関係性を深められます。

今回は、長続きするカップルが自然とできていることについてご紹介します。

ケンカがあっても破局しない理由は?長続きカップルが自然とできていること

相手が自分好みになることを期待しない

人に期待してはいけないと言われても、好きな彼にはちょっと期待してしまう女性も多いでしょう。

たとえば「きっと彼は会社で昇進する!」などと期待されると、彼は嬉しいと思うはず。

いっぽうで、愛する人にいっさい期待されていないというのは、寂しいものです。

しかし、期待は大きすぎない方がベスト。

たとえば「私のことを不安にさせないで。女友達全員と縁を切って!」とか「連絡はマメにちょうだい。既読スルーは絶対ダメ!」などなど、彼を自分好みに変えようとするのはNGです。

関係を深めたいのなら「彼はきっと自分好みに変わる!」と大きく期待しないようにしましょう。

相手を加点法でみる

「ここがダメ」「彼のここがイケてない」と、相手を減点法でみてしまう人も多いでしょう。

しかし、そのままではいずれゼロになってしまいます。

ゼロに近づくのと比例して、愛する気持ちも減っていくでしょう……。

そうなれば、別れは必然です。

関係を深められるカップルは、相手を加点法で見ます。

交際が長くなれば、相手の欠点の1つや2つ見つかるものです。

それでも、良い点を2つや3つ見つけてマイナスにしなければ、恋心が冷めることはないでしょう。

「優柔不断なところがイヤ!」ではなく、「でもすごくやさしい」「いつも気づかってくれる」……といった感じに。

欠点ばかりを指摘するのではなく、良い点も見つけて褒めるのも大切ですよ。

仲直り+問題解決ができる

たとえ長続きするカップルでも、ケンカはつきものです。

毎回なんとなく仲直りしても、同じことで再びケンカしてしまうのはNG。

長続きするカップルは、ケンカの原因となった問題を解決させます。

彼とこれからも一緒にいたいと思うのなら、ただ仲直りではなく、しっかりと話し合って、同じケンカを繰り返さない努力をしましょう。

すぐ不安にならないで!

付き合ったばかりの頃は、どのカップルも不安定です。

そんなときにちょっとしたことで不安になったり、疑ったりするのは、破局の原因になりやすいもの。

時間とともに、ふたりの関係を深めていくためにも、普段からちょっと意識してみましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)