付き合いが長ければ長くなるほど、相手の良い部分も悪い部分も見えてきますよね。

相手のことを知れるのはステキなことですが、関係がマンネリ化したり、相手に嫌気が差したりすることもあるはず。

それは、あなただけでなく、彼にとっても同じはず。

いつまでも、彼氏に愛される女性とはいったいどんな共通点があるのでしょうか。

今回は、彼氏に「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と思われる女性の特徴をご紹介します。

彼氏に「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と思われる女性の特徴

1.彼を受け入れる姿勢がある

「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と思われる女性には、相手の「ありのままの姿」を受け入れる姿勢がある傾向があります。

自分の意見や思ったことを言うことも大事ですが、それと同時に、相手の話もしっかりと聞ける自分になると、彼との絆は深まるもの。

自分のありのままの姿を受け入れてくれるあなたの存在に、彼は癒やしと安心を感じるようになるでしょう。

この子は自分の味方だと感じることで、彼にとってあなたは手放せない存在になるはず。「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と思うでしょう。

2.彼を尊敬する気持ちを忘れない

交際するきっかけは、もちろん相手が好きだからですよね。

ですが、付き合っていると、自分の思うような付き合いができなかったり、相手に幻滅したりすることもあるでしょう。

しかし、そういった相手のいろんな面を知った状態でこそ、相手を卑下し批難するのではなく、相手の背中を後押しできる存在になれたら、彼との絆は深まるはず。

好きになったからには、相手の良さや尊敬できる部分が必ずあるはずです。

ぜひ、その気持ちを忘れず、相手のいい部分をいつまでも見つめられる人になってみてください。

相手を尊敬できる気持ちなくして、相手のことを好きでい続けることは難しいもの。

逆にそれができれば、お互いに「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と心から思えるのではないでしょうか。

彼にとってかけがえのない存在になろう

付き合いが長くなればなるほど、2人の間にはいろいろなことが起こります。

お互いに相手のことが嫌になることもあるかもしれません。

しかし、そんななかでも「やっぱりこの子じゃなきゃダメだ」と思われる女性になれれば、大好きな彼とずっと一緒にいられるはず。

相手にとって、それだけ大きな存在になれば、あなたを手放すこともあまりないでしょう。

今回ご紹介した内容を参考に、彼にとって唯一無二の存在になれるよう、日頃の言動に取り入れてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)