お付き合いまでは行くものの、長続きせずにフラれて終わってしまう……。

仲良くなって告白するけど、フラれることを繰り返している……。

そのような経験を持つ人は、「一体何がいけなかったのか」と思い悩んでいることと思います。

今回はそれらの原因を探るべく、フラれてしまう女性の特徴についてお伝えします。

ちょっとしたことで怒る

ちょっとことですぐに怒り、しかもずっと機嫌を直してくれない……。そんな相手は、どんな人であっても一緒にいたいくないと思うもの。

最初は好意を抱いていたとしても、そのうち相手は機嫌を取るのが面倒くさくなることがあります。

「また何か言われるのかな……」と思い会うのも嫌になって、結果フラれてしまう可能性があるのです。

怒りやすい自覚がある人は、「自分はなぜ怒るのか?」をじっくり考えてみましょう。

怒りの背景には、「実は悲しさをわかって欲しかった」とか、「怒ることで相手にかまって欲しかった」「甘えたかった」など、「第一次感情」と呼ばれるものがあります。

まずは自分と向き合い、「本当の自分の気持ち」を理解して、受け止めてみてください。

それができたら、彼にも素直に悲しい気持ちを伝えたり、甘えたり、行動を変えていくことができるはず。じきにフラれる女性から卒業することができるでしょう。

交際前と交際後で態度が違う

いざ付き合ってみたら、「こんな人じゃなかった……」と感じるほど相手の態度が変わったら、よく思わない人が多いはず。

付き合った後に、明らかに以前より言葉遣いが悪くなったり、上から指図してくるようになったり……。

親密さが増すにつれてこういった傾向が見えてくると、「一緒にいたくないな……」と思われ、フラれしまう可能性が高いでしょう。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉もある通り、親しくなるにつれ遠慮がなくなっていくと、それが不和の元にもなり得ます。

「態度が大きくなりがちではないか」、「自分本位になっていないか」、ときどき自分自身を振り返り、初心や緊張感を忘れないように心がけてくださいね。

ネガティブことばかり言う

否定・非難・ダメ出しなど、ネガティブな発言をついしてしまうことはありませんか?

ネガティブ発言が多いと、相手はあなっと一緒にいても楽しい気持ちにはなれないでしょう。

また、相手のあなたを思う気持ちや、幸せな恋愛をしたいという気持ちをないがしろにしてしまう可能性もあるのです。

いつも明るく前向きにいるのは難しくても、できるだけネガティブ発言は少なくしたほうがいいでしょう。

それだけで、きっとフラれることが減るはずですよ。

一緒にいて楽しい女性になろう

フラれることが多い女性は、男性から「この人と一緒にいても楽しい気分になれない……」と思われる言動を取っている傾向があります。

少しでも思い当たる部分がある場合は、なぜ自分がそのような言動をしてしまうのか、しっかり自分と向き合って考えてみましょう。

そうすることで、ステキな恋愛ができるようになるはずですよ。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)