好きな人ができると、つい暴走してしまう人はいませんか?

1人で舞い上がるだけならまだしも、周囲を巻き込んでしまうとマイナスな方向へいきがち。

好きな人とうまくいかないのはもちろん、仮に付き合っても愛想を尽かされる可能性が高くなります。

彼から大切にされたかったら、まずは振り回されない強い意志が大切です。

そこで今回は「自分の価値を落としちゃう女性の言動」をご紹介します。

長続きしない理由はこれ!自分の価値を落としちゃう言動って?

1. 恋をすると、友達をないがしろにする

「友達との約束があっても、彼からデートに誘われたらドタキャンしていました。
でもそうすると、彼が突然呼び出してくるようになるんですよね。最後のほうは、完全に都合のいい女になっていました……」(25歳女性/ショップ店員)

友達をないがしろにするということは、それだけ彼にのめり込んでいる証拠。

彼と日常生活とのバランスがとれていないので、交際がダメになるスピードが速いです。

自ら彼に大切にされない原因を作るのは、もったいないですよね。

また周囲から応援されない恋は、敵が多くあまり長続きしないものです。

日頃から彼を優先しすぎないクセをつけたいですね。

2. 経験人数をアケスケに話す

「交際中の彼女が、経験人数や元カレの情報を細かく教えてくるんだよね。
上辺では余裕ぶっているけれど、内心複雑。『意外とチャラいんだな』って気持ちが冷めつつあります」(21歳男性/大学生)

「本当の自分を好きになってほしい」「なんか彼なら信用できそう!」と、なんでもアケスケに喋ってしまう女性っていますよね。

女子会ならネタになりますが、本気の恋になればなるほど笑えないもの。

自分が逆の立場だったとしても、大好きな彼の過去って、知れば知るほど嫉妬してしまいますよね……。

もし彼から聞かれたとしても「もう忘れちゃった~!」と濁せばOKですよ。

3. 他人の恋愛に口を出す

3.自分の意見を曲げず、人の恋愛まで追求する

「元カノは真面目でしっかりしているのですが、そのぶん人にも厳しかったというか。
友達はもちろん、芸能人の不倫にも『どう思う?』『絶対おかしいよね!』と本気になって怒るんです。
ちょっと一緒にいると疲れてしまいましたね」(29歳男性/販売)

彼が浮気をしたのであれば、怒って当たり前。

でも他人の恋愛に毎回イライラしているようじゃ、周囲は困ってしまうかも。

どんなに正論だろうと「また同じ話しているのか……」と嫌気がさしてしまいます。

自分に関係のないことなら、あまり深く考えないほうがよさそう。

そうじゃないと、常になにかと戦うことになるので、あなた自身が疲れてしまいますよ。

「余計なことは言わない」が鉄則!

自分の価値を落としてしまいがちな女性は、ノリや勢いに任せて余計なことを言いがち。

女性側は何気ない一言でも、ずっと彼の心にひっかかってしまい、少し経ってから別れを切り出される結末が多いようです。

言ってしまったことは消せないからこそ、口に出す前に心の中で考えることが大事ですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)