正式に「付き合おう」とは言われていないけれど、雰囲気的にもう彼女な気がする。

それにいまはコロナ禍だし、家のほうが安全。

そう思って頻繁におうちデートをしている人はいませんか?

でも女性側は本気でも、彼は都合のいい関係としか思っていない場合があります。

そこで今回は「男性がおうちデートで『本命じゃない子』にする言動」をご紹介します。

破局直前や彼に浮気疑惑がある場合も当てはまるので、ぜひ照らし合わせてみてくださいね。

もう家行っちゃダメ!男性がおうちデートで「本命じゃない子」にする言動

1. 「早く○○しなよ」

おうちデートは、のんびりできるのが醍醐味ですよね。

それなのに「早く風呂入りなよ」「メシ食っちゃいなよ」など……。

やたら彼が急かしてくるようなら、ちょっと怪しいかも。

あなたとのおうちデートを満喫したいのではなく、体だけが目的かもしれません。

本命女性が相手だったら、むしろ「ゆっくりしてていいよ」とあなたに合わせてくれますよ。

2. 「まだ帰らないの?」

やることやった後に「まだ帰らないの?」と帰宅を促してくる男性。

これも本命扱いされているとは言い難いですよね。

こちらも遠回しに「早く帰って」と急かしているのでしょう。

本命だったら朝までいても、なんの問題もありません。

むしろあなたが帰ろうとしたら「もう帰っちゃうの?」と引き留めてきますよ。

3. 無言でスマホをいじり続ける

3. 無言でスマホをいじり続ける

好きな人が隣にいたら、談笑したくなるのは男女ともに同じです。

あなたが横にいるにも関わらず、ずっとスマホをイジるのはおそらく愛情がない証拠でしょう。

「黙っていても居心地がいい関係」でなく、故意にあなたを無視している可能性が高いです。

彼に振り向いてもらおうとすればするほど、余計当たりは強くなるだけ。

もっと穏やかで安らげる男性は、ほかにいるはずですよ。

4. 自分の食事しか用意しない

体だけが目的だと、そのほかの扱いがいい加減になりがち。

わかりやすいところでいうと、食事は基本自分のぶんしか用意しない男性もいます。

いっぽうで本命女性が相手だと「○○ちゃんもお腹減ってるかな」と、気遣いが当たり前になります。

食事や飲み物は、当然のように2人分用意、もしくは「コンビニに一緒に買いに行こう!」と誘ってくれるはず。

やんわり「私もお腹空いたな」と言ってもスルーされるようなら、関係性を見直したほうがいいかもしれません。

「おうちデート=本命」ではない!

女性からすると特別なおうちデートですが、彼も同じ気持ちとは限りません。

むしろ「向こうから勝手に来てくれるし、俺はなにもせずに済んでラクだわ~」程度にしか思っていないかも……。

「会えるだけで幸せ」と自分の価値を下げてはダメ!

彼を断ち切るのが早ければ早いほど、傷は浅くて済みます。

未来がないと思ったら、自分から離れる勇気を持ちましょうね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)