人にはそれぞれフェティシズムといって、どうしようもなく惹かれる嗜好が少なからずあります。

とくに意識していないのに、妙に気になって仕方がない……そんな経験が、あなたにもあるはず。

もしかするとそれは、フェティシズムの衝動かもしれません。

そこで今回は、フェティシズムに関する診断テストをご紹介いたします。

思わず惹かれちゃう♡あなたの隠れフェチ診断

Q.友達の庭に桃の木が生えています。今、あなたはとっても桃が食べたくて仕方がありません。さて、次のうちどのようにして桃を食べますか?

A:遠慮して食べない

B:友達に頼んで食べたい桃を取ってもらう

C:熟して木から落ちた桃をもらう

D:諦めて店で桃を買う

あなたはどれを選びましたか?

【診断できること】

「あなたの隠れたフェティシズム」

深層心理において、「木になっている果実」は性的志向の象徴であり、それを食べようとするアクションはその欲求を解消する傾向を意味しています。

そのため、桃を食べたいという欲求に対するアクションにより、あなたの隠れたフェチが分かるのです。

ここでは、あなたのアクションが「直接的」か「間接的」かという点を、判断のポイントにしています。

A:「遠慮して食べない」を選んだあなた

【手】

あなたは、さりげない部分ではありますが、指先の形や手の大きさにキュンとするタイプ。

わかりやすい部分よりも、手に浮き出た血管などに胸をときめかせていませんか?

物を持ったときなどにふっくらと出てきている様子に、セクシーさを感じるかもしれません。

スラリと伸びた指を見ると、ちょっと触られたいかも……と思ったり。

審美眼があるあなたは、やや面食いな一面もあるでしょう。

B:「友達に頼んで取ってもらう」を選んだあなた

【匂い】

あなたは、過去に体験したことがあるシチュエーションに弱いタイプ。

とくに嗅覚は、五感の中で最もダイレクトに本能を刺激する感覚です。

もしかしたらそれは、子供時代に感じた良い匂いかもしれませんし、初恋の人の香りかもしれません。

他の人が全く反応しないようなところでも、何故か異常に惹かれてしまうことも少なくないでしょう。

香水に混じったほのかな汗の匂いなど、意外とマニアックなフェティシズムを隠し持っているタイプです。

C:「熟して落ちそうな桃をもらう」を選んだあなた

【声】

あなたは、声のトーンまで好みが細分化しているタイプ。

声優さんなど、声に惹かれる「推し」がいるのでは?

モデルのようなスタイルやイケメンでなくても、自分のストライクゾーンにヒットする声には、ドキドキしてしまうはず。

反面、客観的には魅力的と思われがちな異性でも、自分の感覚の琴線に触れなければ興奮しないでしょう。

息遣いや話し方、話している言葉や内容など、声のあらゆる点に敏感に反応してしまうかも。

D:「諦めて店で桃を買う」を選んだあなた

【鎖骨】

あなたは身体の中でも繊細な部分を見ると、興奮するタイプ。

そんなあなたにとって、鎖骨はフェティシズムの対象です。

精神的なフェティシズムにそこまで関心がない反面、肉体的なフェチ度はかなりのもの。

ワイシャツの間から無防備に出ている鎖骨に、セクシーさを強く感じるのでは。

また、その造形美にも惹かれており、はっきりとした凹凸がある方がより魅力的に感じられるでしょう。

あなたのフェティシズムはどこから?

フェティズムは幼少期の経験から形成されるとされ、それが大人になっても上書きされない限りは嗜好として残るのだとか。

うまく活用すれば、人生のエッセンスにもなるものと言えます。

あなたが、どうしても惹かれてしまうものがあるのだとしたら、子供時代のことを思い出してください。

もしかすると、そこに自分の隠された好みを知るヒミツがあるかもしれません。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)