気になる男性と距離を縮めるためには、上手なスキンシップが重要です。

ベタベタと触るのはNGですが、少しずつ近づいていけられると関係性もより深められるでしょう。

今回は、距離感で使い分ける上手なスキンシップ方法についてご紹介します。

付き合う前のスキンシップは?距離感で使い分ける上手な方法♡

触れそうで触れない距離感を保つ

最初のうちは、触れるか触れないか程度を保ちましょう。

それだけでも男性はドキッと意識してしまうはずです。

ちょっと手が触れ合ったり、不意に肩や腕が触れたりすると、男性は妙に異性を感じたりもするものですよ。

自分の顔をグッと近づけてみる

男性との心の距離が縮まってきたら、グッと近づいてみましょう。

そのときに思いきって顔を近づけると、男性はドキドキしてしまいます。

スマホを一緒に見たり、耳元で内緒話をしたり……。

同時にふんわりといい匂いが漂ってきたら、男性は「異性」を強く感じることでしょう。

付き合い始めたら積極的に!

付き合い始めは、積極的にくっつくのもありですよ。

歩いているときには手や腕をつかんだり、電車で座っているときには軽く寄りかかったりすると、男性も素直にうれしいはず。

ただ、人前でベタベタしすぎるのはNGです。

過剰な甘えやスキンシップをすると引かれる危険性もあります。

抱きついたり、キスをしたりといった行為は、さすがに2人きりのときだけにしておいた方がいいですよ。

自分から手をつなごう

何度かデートを重ねて親密さを増してきたら、手をつなぐようにしましょう。

手をつなぐことは、普通の友達関係ではあまりしないこと。

そのため、一気に恋愛関係へと向かっていくスイッチにもなるのです。

このとき、女性側からも手をつなぐようにすることも大事。

お互いに気持ちが通じ合っている確認にもなるので、男性に安心感を与えられるでしょう。

軽い印象にならないように

女性からボディタッチをされたら、やはりドキッとするものです。

しかし、距離感を間違えると逆効果。

軽い印象を与えかねないので、注意しましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)