「幸せな恋がしたい!」と願う以上、周りの人に言えないような関係は避けたいと思いませんか?

とくに、アプローチしてくる男性が既婚者だった場合はきっちりブロックした方が良いかもしれません。

今回は不倫を経験した女性たちに、「不倫のきっかけとなったシチュエーション」について聞いてみました。

彼女たちの経験から学んで、アブナイ恋を遠ざけましょう。

明日は我が身?気づけば不倫につながってしまったシチュエーションはコレ!

飲みの席

「職場の飲み会で酔った同僚の愚痴を聞いていて、話が盛り上がったので二人で二件目、三件目とハシゴしたんです。
気がついたら深い関係に……」(29歳女性/メーカー)

長い時間を過ごす職場関係から不倫が始まってしまった……、よく耳にするパターンかもしれません。

日頃は仕事の話しかしない間柄でも、飲み会の打ち解けたムードの中で急接近することもあるのでしょう。

とくに愚痴や悩み相談からいつの間にか不倫関係になっていた……、というパターンには要注意した方が良いかもしれませんね。

元カレと再熱

「同窓会で学生の頃の元彼と再会したんです。
そのときに『相変わらずかっこいいな』なんて思っていたら、昔の好きだった気持ちを思い出しちゃいました……」(27歳女性/看護師)

元恋人との再燃!というのも不倫の入り口の定番と言っても過言ではないでしょう。

すでに結婚している元彼と顔を合わせる場合は、必要以上に親しげにしないほうがベターです。

趣味の習い事で……

「週3で通っていたジムで仲良くなった男性を、完全に好きになってしまったことがあります。
好きになった後で既婚者と知らされて、悩んだけど自分にブレーキが効きませんでした……」(23歳女性/アパレル)

独身同士なら素敵な出会いのきっかけとなる習い事系コミュニティも、一歩間違うと危険な恋の始まりに繋がることもあります。

同じ習い事という共通の話題があることから盛り上がりやすいものの、プライベートは隠そうと思えばいくらでも隠せる関係といえるでしょう。

SNSでの繋がって……

「趣味のSNSアカウントでしか繋がりのなかった人と一緒にイベントに行くことになったんです。
会ってみたらすごく良い人だし、気が合って楽しくて……」(25歳女性/アルバイト)

危険な出会いは現実世界だけではなく、オンラインの世界にも転がっているようです。

最初はネット上の趣味友として仲良くなったつもりでも、いざ会ってみると向こうは不倫狙いだったというパターンも……。

警戒心はギリギリまで保っておいたほうが良いかもしれないですね。

いつの間にか不倫していた…、なんてことも

自分にはそんなつもりがなくても、雰囲気に合わせているうちに「いつの間にかそんな関係になっていた!」という女性は少なくないようです。

また、中には既婚であることを隠して近づいてくる危険な男性もいるかもしれません。

みんなに祝福される幸せな恋を手に入れたいと思うなら、不倫に繋がりそうなシチュエーションや悪い男性は極力避けるよう注意した方が良いでしょう。

(愛カツ編集部)