好きな人と両思いになりたいと思うのは、恋する女性にとって一番の願いでしょう。

しかし、お互いに同じくらい好きな気持ちでいるのは、案外難しいもの。

今回は、パターン別に両思いになるための解決法をアドバイスします。

恋のパターン別!両思いになりたいときに起こすべきアクション

1.彼にとって都合のいい女になっている場合

体の関係があり、「好きだよ」「かわいいね」と言われるけれど、「付き合おう」「彼女になって欲しい」という告白がまったくない。

こんな片思いをしている女性は、自分から積極的になれない性格かもしれません。

「私、彼女だよね」その一言がなかなか言えなくてダラダラ……。

このままだと、おそらく彼は、この先もずっとあなたの彼氏なることはないでしょう。

女性から行うべきアクションは、「このままの関係だったら、もう会うのは止めよう」と伝えることです。

彼がどんな甘い言葉を言ってきても、心が揺らいじゃ絶対ダメ。

この恋は成就しない恋なので、なるべく早めに切り上げるべきです。

2.女性が一方的に思いを寄せている場合

次に、女性が一方的に男性を思っているパターン。

このまま、思い続けているだけではなにも変わらないでしょう。

いまその気持ちを伝えても、あとで伝えても、結果は同じ。

それなら、ダメもとで気持ちを伝えてみて、今の状況から開放された方がいいかもしれません。

もしかしたら成功するかもしれないし、失敗したら次の恋に切り替えましょう!

告白する勇気が出ない場合は、「◯◯くんのやさしいところ好き」「そういう気遣いできるところ、好き」と、間接的に好意を伝えるのも効果的です。

行動を起こさない限り、彼との距離は縮まらないでしょう。

3.好きな人にはすでに彼女がいる場合

片思いの相手に彼女がいる場合。

すぐに諦める必要はありません。

本気でアプローチする場合、まずは彼の相談相手ポジションをねらうといいかも。

もしも、彼女が彼の仕事に理解がないタイプだったり、束縛が激しいタイプだったりしたら、自分はその逆であること何気なくアピールしていけばいいのです。

結果を恐れないで!

両思いになりたいと思ったら、結果を恐れずに行動することが大切です。

告白が成功しなかったり、恋が成就しなかったりしても、彼を後悔させるくらいのいい女になるぞ!と、気持ちを切り替えるといいでしょう。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)