年下の男性には、つい上から発言してしまうこともあるのでは?

度重なると、男性から敬遠されてしまうかもしれません。

今回は、年下男性に言ってはいけないNGワードをご紹介します。

グサッとくる…年下男性に言ってはいけない3つのNGワード

「守ってあげたい」

年下の彼のかわいらしい一面に、キュンとすることもあるでしょう。

そんなときに「守ってあげたい」と言うのはNGです。

男性のタイプにもよりますが、プライドが高かったり、男気が強い性格だと、バカにされているように受け取られるかもしれません。

普段から「守ってあげたい」「かわいい」などと言いまくるのは、やめた方がいいでしょう。

「しっかりして」

年下であっても、好きな女性の前ではかっこつけたいものです。

そんなときこそ、「年下扱いされたくない」「なめられたくない」という気持ちがより強くなるもの。

ここで「もっとしっかりして」なんてダメ出しをする言葉は、彼のプライドをもっとも傷つけてしまいます。

応援したい気持ちがあるなら、「○○くんなら絶対できるよ」という言い回しにする方が効果的です。

「もうおばさんだから~」

男性と年の差があるとやってしまいがちなのが、「私もうおばさんだから~」などと自虐してしまうことです。

笑いを取りたいだけかもしれませんが、あまりにもおばさんを連呼していると、本当におばさんっぽい印象に。

「若くていいねー」とか「若い子にはついていけないな」といった発言も同様です。

過度な若作りもNGですが、自分の価値を下げるような発言はしない方が吉ですよ。

彼のプライドを尊重して

年下であっても、彼のプライドはちゃんと尊重して!

自尊心を踏みにじるような言葉よりも、肯定するような言葉で彼に自信をつけさせてあげましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)