しばらく付き合っていれば、相手ののイヤな一面が見えるときもありますよね。

そんなストレスが溜まるうちに、ある日とつぜん別れを切り出されるなんてことも……。

そこで今回は、男性がうんざりする彼女の言動を調査しました。

彼とずっと仲良しでいたい!という女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

もう、勘弁してよ…!男性がうんざりする彼女の言動4つ

1. 自分優先の行動をとる

気を許すあまり、彼の前で自分優先の行動をとってしまうことはありませんか?

たとえば、飲食店でお水やおしぼりを自分のぶんだけ取ったり、彼のおごりだからと高額メニューばかり頼んだり……。

何気ないことかもしれませんが、このような場面で気遣いができるかどうか、彼はよく見ているかもしれません。

恋人優先に考えることができれば、自然と男性を立てることもできますし、彼も恋人として誇らしいでしょう。

2. 構ってちゃんすぎる

大好きな彼につねに連絡をしたり、毎日会ったりしたいという気持ちになることがあるでしょう。

もちろん、それは悪いことではありません。

でも、つねにその調子では男性は疲れてしまうかも。

とくに彼が仕事に追われていたり、多趣味で友人関係が広い人だったりする場合は、なおさらでしょう。

構ってもらえないと、他に好きなひとがいるのかも……と不安になることもありますが、そこはグッと心の中にとどめるのが◎。

そんなときは、相手の時間を尊重し、また自分1人の時間も大切にしてあげてください。

お互いの気持ちが本物なら、会えない時間がふたりの愛を育むはずです。

3. 自分の気持ちを我慢しすぎる

3. 自分の気持ちを我慢しすぎる

構ってちゃんすぎるのは考えものですが、自分の気持ちを我慢しつづけるのも良くありません。

たまには「寂しい」「会いたい」くらい、伝えても大丈夫です。

あなたばかり寂しい思いをしていては、辛くなってしまいます。

それに、彼もあなたがどんなときに寂しいと感じるのか、どのように構ってあげたらいいのか、考えるきっかけになるでしょう。

このような理由からも、素直な気持ちを伝えてみてください。

お互いにとって心地いい関わりかたを探すのもオススメです。

4. 感謝の言葉を口にしない

付き合いが長くなるにつれ、彼から受け取る優しさに慣れてしまうこともあるでしょう。

しかし彼になにかしてもらったときには、お礼の気持ちを伝えるのを忘れないようにしたいもの。

ただ照れや慣れから、その都度彼にお礼を伝えるのが難しいこともありますよね。

そんなときは、気付いたときに「いつもありがとう」と彼に伝えてみてください。

その一言だけでも、彼はあなたに優しくしてよかった、と感じてくれるはずですよ。

彼を思いやる気持ちが大切!

恋人にうんざりしてしまう出来事は、日々の積み重ねで生まれるものかもしれません。

2人が仲良しでいられるように、彼を思いやる気持ちを大切にしてみてくださいね。

きっと彼も、その気持ちに気づいてくれるはずですよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)