彼氏ができてもすぐ破局となると、結婚までの道のりは遠のきやすいかもしれません。

そして、別れかたによっては心のダメージも大きいでしょう。

でも中には彼と何年も交際し、無事ゴールインするカップルもいるのは確かですよね。

ふたりの相性がよかった……、というのもあるでしょうが、長く交際を続けるにはいくつかコツが必要なのかもしれません。

一緒に見ていきましょう。

決定的な違いかも!「恋愛上手な女性」にはこんなチカラが…

後先考えない決断を踏みとどまる力がある

判断や決断がはやいことは、ときには大切かもしれません。

ただ、後先考えない判断は、将来に大きな影響が出る可能性もあります。

たとえば些細なことで「じゃあもう別れよ!」と言ってしまうのって、かなり極端すぎる発想といって良いでしょう。

恋愛上手な子は感情的にならず、どちらにも転べるようグレーにできるようです。

まずは彼の話を聞いて、その上で解決策を見つける。

もしくはお互いの熱が冷めるまで、一定期間猶予を設ける。

そうすれば案外「私なんであんなことで怒っていたんだっけ?」となることも多いかもしれませんよ。

最終的に答えを出す力を持っている

片思い中の男性とうまくいかない、彼氏とケンカしまった際、友達に相談する女性もいるでしょう。

もちろん他人からのアドバイスを聞くのも大切かもしれません。

でもそれを鵜呑みにしてしまうと、いずれ後悔する日が来る可能性もあります。

Aさんは彼とのマンネリに悩んでいたそう。

それを友達に相談したところ、「もう別れたほうがいいんじゃない?」「まだ若いし、出会いはいくらでもあるよ」と言われたそうです。

そして友達に言われるがまま彼とは破局。でも別れたあともやっぱり彼が忘れられず、1年近く引きずってしまったのです。

「いい恋」はもちろんですが、「後悔しない恋」をするのも大事のようです。

彼が好きなのは自分だからこそ、最終的には自分で結論を出したほうが良いでしょう。

相手の価値観を理解し、受け入れる力がある

恋人とはいえ人との関わり合いです。

そのためときには価値観の違いや、交際を投げだしたくなる日もあるでしょう。

でもそこでイライラせず、まず相手を理解しようと試みることは、長期交際におけるポイントとも言えます。

たとえば彼の仕事がうまくいかないときのことを考えてみましょう。

「仕事辞めるの?じゃあお金どうするの?」と責めるのと、「いままで頑張りすぎていたんだよ。あまり無理しないで」と優しく声を掛けるのとでは、印象は全然違ってくると思いませんか?

自分の意見も大事ですが、「彼がいま何を求めているのか」を判断できる女性は、交際も長続きしやすいようです。

愛され上手は理解上手なのかも……

相手の気持ちに寄り添いつつ、状況に応じて話し合いができると、交際はよい方向にいきやすくなります。

なるべく大人な対応をして、訪れる困難も彼と一緒に乗り越えていきましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)